[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リチャード・ホルム Richard H. Holm

リチャード・ハドレー・ホルム(Richard Hadley Holm、1933年9月24日-)は、アメリカの無機化学者である。ハーバード大学 Higgins Emeritus Professor of Chemistry(写真:The Welch Foundation)。

経歴

1955 マサチューセッツ大学アマースト校 卒業
1959 マサチューセッツ工科大学 博士号取得 (F. Albert Cottton教授)
19xx ハーバード大学
19xx ウィスコンシン大学マディソン校
19xx マサチューセッツ工科大学
19xx スタンフォード大学
1983 ハーバード大学 Higgins Professor of Chemistry
2006 ハーバード大学 Higgins Research Professor of Chemistry
2013 ハーバード大学 Higgins Emeritus Professor of Chemistry

 

受賞歴

ACS Award in inorganic and bioinorganic chemistry
Bailar Meda
F. P. Dwyer Medal
Pauling Medal (Stanford University)
Harrison Howe Award
Polyhedron (Wilkinson) Prize
RSC Centenary Metal
Chatt Medal
Richards Medal
National Academy of Sciences Award in the Chemical Sciences

 

研究概要

酵素活性中心に含まれる各種クラスター化合物の人工合成

ニトロゲナーゼやCOデヒドロゲナーゼなどに含まれる金属活性部位を人工的に合成し、その機能を確かめることから生物無機化学の理解と発展を促した。

pcluster

とくにニトロゲナーゼの活性中心に相当する鉄-硫黄クラスター錯体を世界で初めて合成した業績は高く評価されている。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  1. Ibers, J. A. and Holm, R. H., Science 1980, 209:223-235
  2. Lee, S. C. and Holm, R. H., Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2003, 100:3595

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  2. 水島 公一 Koichi Mizushima
  3. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus
  4. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  5. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  6. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  7. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altman…
  8. イー・タン Yi Tang

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました
  2. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  3. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  4. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  5. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  6. 天然物界70年の謎に終止符
  7. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  8. カーボンナノリング合成に成功!
  9. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  10. 春日大社

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP