[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

リチャード・ホルム Richard H. Holm

[スポンサーリンク]

リチャード・ハドレー・ホルム(Richard Hadley Holm、1933年9月24日-)は、アメリカの無機化学者である。ハーバード大学 Higgins Emeritus Professor of Chemistry(写真:The Welch Foundation)。

経歴

1955 マサチューセッツ大学アマースト校 卒業
1959 マサチューセッツ工科大学 博士号取得 (F. Albert Cottton教授)
19xx ハーバード大学
19xx ウィスコンシン大学マディソン校
19xx マサチューセッツ工科大学
19xx スタンフォード大学
1983 ハーバード大学 Higgins Professor of Chemistry
2006 ハーバード大学 Higgins Research Professor of Chemistry
2013 ハーバード大学 Higgins Emeritus Professor of Chemistry

 

受賞歴

ACS Award in inorganic and bioinorganic chemistry
Bailar Meda
F. P. Dwyer Medal
Pauling Medal (Stanford University)
Harrison Howe Award
Polyhedron (Wilkinson) Prize
RSC Centenary Metal
Chatt Medal
Richards Medal
National Academy of Sciences Award in the Chemical Sciences

 

研究概要

酵素活性中心に含まれる各種クラスター化合物の人工合成

ニトロゲナーゼやCOデヒドロゲナーゼなどに含まれる金属活性部位を人工的に合成し、その機能を確かめることから生物無機化学の理解と発展を促した。

pcluster

とくにニトロゲナーゼの活性中心に相当する鉄-硫黄クラスター錯体を世界で初めて合成した業績は高く評価されている。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

  1. Ibers, J. A. and Holm, R. H., Science 1980, 209:223-235
  2. Lee, S. C. and Holm, R. H., Proc. Natl. Acad. Sci. USA 2003, 100:3595

 

関連書籍

 

関連リンク

Green

Green

投稿者の記事一覧

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. トム・メイヤー Thomas J. Meyer
  2. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  3. チン・リン Qing Lin
  4. 八島栄次 Eiji Yashima
  5. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  6. 高橋 雅英 Takahashi Masahide
  7. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  8. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”触媒の開発動向
  2. 【書籍】英文ライティングの基本原則をおさらい:『The Element of Style』
  3. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  4. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  5. 自宅での仕事に飽きたらプレゼン動画を見よう
  6. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester
  7. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  8. 紹介会社を使った就活
  9. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  10. 武田や第一三共など大手医薬、特許切れ主力薬を「延命」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP