[スポンサーリンク]


ケムステニュースナノテクノロジー

  1. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

    As we welcome in 2013, will nanotechnology continue to dominate many of the scientific headlines in the coming y…

  2. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

    Graphene oxide has a remarkable …

  3. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ

    Safety fears about carbon nanotu…

  4. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報

    2月~4月にかけては各業界での学会や、展示会が目白押しである。ここで取り上げたいのはナノテク関連の展…

  5. 未来の病気診断はケータイで!?

    今回はChemistry Worldから「Monitoring asthma with mobile…

  6. 100円で買えるカーボンナノチューブ

  7. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道

  8. 分子の動きを電子顕微鏡で観察

  9. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発

  10. ふるい”で気体分離…京大チーム

  11. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発

  12. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功

  13. 室温で液状のフラーレン

  14. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

  15. 極小の「分子ペンチ」開発

  16. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ピンポン玉で分子模型
  2. 企業の研究を通して感じたこと
  3. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  4. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. 不斉配位子
  6. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  7. comparing with (to)の使い方

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

PAGE TOP