[スポンサーリンク]


ケムステニュースナノテクノロジー

  1. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売

    地球上で最も引っ張りに強く、熱伝導も良く、電気伝導度も高いという夢の素材、「グラフェン(graphene)」。原子1個分の厚みで鋼鉄の200倍も強いこのシート状物質を使った世界初のシューズが、7月12日から販売開始する。(GIZMODE6月…

  2. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

    As we welcome in 2013, will nanotechnology…

  3. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

    Graphene oxide has a remarkable …

  4. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ

    Safety fears about carbon nanotu…

  5. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報

    2月~4月にかけては各業界での学会や、展示会が目白押しである。ここで取り上げたいのはナノテク関連の展…

  6. 未来の病気診断はケータイで!?

  7. 100円で買えるカーボンナノチューブ

  8. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道

  9. 分子の動きを電子顕微鏡で観察

  10. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発

  11. ふるい”で気体分離…京大チーム

  12. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発

  13. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功

  14. 室温で液状のフラーレン

  15. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道

  16. 極小の「分子ペンチ」開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる
  2. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  3. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  4. チン・リン Qing Lin
  5. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  6. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  7. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP