[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

[スポンサーリンク]

アンドレアス・ファルツ(Andreas Pfaltz、1948年5月10日-、スイス/バーゼル生)は、スイスの有機化学者である。Ir-PHOX系触媒によるアルキル置換オレフィン類の高エナンチオ選択的水素添加反応の開発で有名。バーゼル大学化学科教授

経歴

1972 ETH Zurich卒業
1978 ETH Zurich博士課程修了(A. Eschenmoser教授)
1978-1979 Columbia大学博士研究員(G. Stork教授)
1980-1986 ETH Zurich 研究員
1987-1990 ETH Zurich 講師
1990-1993 Basel大学准教授
1993-1995 Basel大学教授
1995-1998 Max-Planck-Institut für Kohlenforschung director, head of catalysis
1998-2015 Basel大学教授

2015-          Basel大学名誉教授

受賞歴

2012 President of the Bürgenstock conference
2011 Yamada-Koga Prize
2011 Heilbronner-Hückel Lecturer, Swiss Chemical Society and German Chemical Society
2008 Ryoji Noyori Prize
2003 Prelog Medal of the ETH Züric
2003 Pracejus Prize of the German Chemical Society
2002 Wilhelm Manchot Research Professorship, TU München
1989 Werner Prize of the Swiss Chemical Society

 

研究業績

Semicorrin型のリガンドの開発と不斉反応への応用。

Phoxリガンドの開発とそれらを用いた不斉反応への応用。とりわけ、Iridium-PHOX系による不斉還元反応は配位可能なヘテロ原子を有しない二重結合においても、高エナンチオ選択的、高収率で進行する。

関連文献

  1. Helmchen.G.; Pfaltz, A. Acc. Chem. Res. 2000, 33, 336. DOI: 10.1021/ar9900865
  2. Woodmansee, D. H.; Pfaltz, A. Chem. Commun. 2011, 47, 7912. DOI: 10.1039/C1CC11430A

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.

Gakushi

東京の大学で修士を修了後、インターンを挟み、スイスで博士課程の学生として働いていました。博士号は取れたものの、ハンドルネームは変えられないようなので、今後もGakushiで通します。

最新記事 by Gakushi (全て見る)

関連記事

  1. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  2. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  3. イヴァン・フック Ivan Huc
  4. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  5. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  6. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  7. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  8. イー・タン Yi Tang

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応
  2. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  3. エリック・メガース Eric Meggers
  4. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  5. 重いキノン
  6. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal
  7. 分析技術ーChemical Times特集より
  8. セレノフェン : Selenophene
  9. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)
  10. なぜあなたの研究は進まないのか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ

Cambridge Structural Databaseに収録された結晶構造が100万件に到達し,…

高校教科書に研究が載ったはなし

高校高学年向け化学の教科書が2019年度から新しくなりました。その作成の一部に関わる貴重な体験ができ…

発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

A novel class of radiopharmaceuticals has proven…

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP