[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第8回XAFS討論会


XAFS第8回XAFS討論会


主催:日本XAFS研究会


協賛:日本放射光学会 日本化学会 日本物理学会


日時:2005年8月1日(月)~3日(水)


場所仙台市戦災復興記念館


内容:X線吸収微細構造(XAFS)及び関連現象に関する理論、解析方法、実験技術、基礎及び応用研究。
太田俊明(東京大学大学院)「表面XAFS法:これまでの発展と今後の展望」


河田 洋(物質構造科学研究所)「放射光の将来」


林 久史(東北大学多元物質科学研究所)「共鳴X線非弾性散乱を利用した新しいXAFS」

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  2. 化学は切手と縁が深い
  3. 情報守る“秘密の紙”開発
  4. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  5. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤
  6. 出光・昭和シェル、統合を発表
  7. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定
  8. 未来の病気診断はケータイで!?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生物発光のスイッチ制御でイメージング
  2. リピトールの特許が切れました
  3. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  4. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  5. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  6. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  7. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  8. イヴァン・フック Ivan Huc
  9. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  10. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP