[スポンサーリンク]

ケムステニュース

H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者

[スポンサーリンク]

 ハーバート・ブラウン氏(米国のノーベル化学賞受賞者)ニューヨーク・タイムズ(電子版)などによると、19日、心臓発作のため米インディアナ州ラファイエット市の病院で死去、92歳。

1912年、ロンドン生まれ。14年、ウクライナ出身のユダヤ系の両親とともに渡米。シカゴで靴のセールスマンをしながら夜学に通うなど苦学を重ね、36年にシカゴ大卒。47年から78年に退官するまでインディアナ州のパーデュー大学で教え、有機化学分野の最高権威となった。79年、ゲオルク・ウィティヒ氏(旧西ドイツ)とともに新しい有機合成法の開発でノーベル化学賞を受賞した。(引用: 四国新聞社 http://www.shikoku-np.co.jp/ ) (写真:ノーベル財団 )

 

 

ブラウン先生がお亡くなりになりました。Brownのヒドロホウ素化は、同時に授賞したWittigのWittig反応と同様に大学学部でも習うような非常に重要な人名反応です。

 

 

関連リンク

 

Herbert C. Brown – Autobiography

 

 

関連書籍

 


ノーベル賞100年のあゆみ〈3〉ノーベル化学賞

 


有機合成化学

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  2. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  3. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  5. アミンの新合成法
  6. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表
  7. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  8. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  2. 1-メチル-1-[4-(ジフェニルホスフィノ)ベンジル]ピロリジニウムブロミド:1-Methyl-1-[4-(diphenylphosphino)benzyl]pyrrolidinium Bromide
  3. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築
  4. 化学者が麻薬を合成する?:Breaking Bad
  5. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  6. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  7. 武田薬品、糖尿病薬「アクトス」に抗炎症作用報告
  8. 聖なる牛の尿から金を発見!(?)
  9. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワード氏
  10. 日本にノーベル賞が来る理由

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP