[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

    第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現在はルーヴェン・カトリック大学化学科)に所属し、計算論的電子構造法を用いて化学反応のメカニズムを解明する研究を行っています。それではインタビ…

  2. 第149回―「ガスの貯蔵・分離・触媒変換に役立つ金属-有機構造体の開発」Banglin Chen教授

    第149回の海外化学者インタビューは、バングリン・チェン教授です。テキサス大学サンアントニオ校化学科…

  3. 第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

    第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

  4. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

    第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

  5. 第146回―「原子から社会までの課題を化学で解決する」中村栄一 教授

    第146回の化学者インタビューは日本から、中村 栄一 教授です。東京大学大学院理学系研究科化学専攻・…

  6. 第145回―「ランタニド・アクチニド化合物の合成と分光学研究」Christopher Cahill教授

  7. 第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

  8. 第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

  9. 第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

  10. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

  11. 第140回―「製薬企業のプロセス化学研究を追究する」Ed Grabowski博士

  12. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授

  13. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

  14. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

  15. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

  16. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitland Jones教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  2. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る
  3. 英会話とプログラミングの話
  4. きみの未来をさがしてみよう 化学のしごと図鑑
  5. マダンガミンの網羅的全合成
  6. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸
  7. 最後に残ったストリゴラクトン

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP