[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

    第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化学科に所属(訳注:現在は早稲田大学理工学術院に所属)し、C-H官能基化を用いた生物活性分子・天然物の合成に取り組むとともに、「理想の有機合成…

  2. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

    第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

  3. 第140回―「製薬企業のプロセス化学研究を追究する」Ed Grabowski博士

    第140回の海外化学者インタビューはエド・グラボウスキー博士です。メルク研究所プロセス研究部門で化学…

  4. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授

    第47回目の研究者インタビューです! 今回は第15回ケムステVシンポの講演者の一人、東京工業大学前田…

  5. 第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

    第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

  6. 第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

  7. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

  8. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitland Jones教授

  9. 第135回―「量子電気力学から光と分子の相互作用を理解する」David Andrews教授

  10. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

  11. 第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

  12. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

  13. 第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

  14. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

  15. 第129回―「環境汚染有機物質の運命を追跡する」Scott Mabury教授

  16. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  2. A-ファクター A-factor
  3. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  4. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  5. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation
  6. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  7. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

PAGE TOP