[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

    第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有機金属化学を用いて合成、材料、エネルギーの問題に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

    第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

  3. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授

    第39回となる研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、沼田圭司先生。生体高…

  4. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授

    さて第38回を迎えた研究者へのインタビュー。今回インタビューをお願いしたのは、つい最近、沖縄…

  5. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

    第90回の海外化学者インタビューは、ポール・クルーガー教授です。ニュージーランドのカンタベリー大学化…

  6. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 伸浩 准教授

  7. 第36回「光で羽ばたく分子を活かした新技術の創出」齊藤尚平 准教授

  8. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授

  9. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

  10. 第88回―「新規なメソポーラス材料の創製と応用」Dongyuan Zhao教授

  11. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授

  12. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Claude Bradley教授

  13. 第85回―「オープン・サイエンス潮流の推進」Cameron Neylon教授

  14. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pichon博士

  15. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授

  16. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 個性あるTOC その②
  2. 国際シンポジウム;創薬・天然物―有機合成化学の展望―
  3. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  4. サイエンスアゴラ2014総括
  5. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授
  6. Z-選択的オレフィンメタセシス
  7. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

PAGE TOP