[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授

    第37回の海外化学者インタビューは、ベン・デイヴィス教授です。オックスフォード大学の化学科に在籍し、糖類やタンパク質の化学および化学生物学に取り組んでいます。。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

    第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に…

  3. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

    第35回の海外化学者インタビューは、マーク・グリーン教授です。イギリスのキングス・カレッジ・ロンドン…

  4. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

  5. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  6. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

  7. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

  8. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  9. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  10. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

  11. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  12. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  13. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  14. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

  15. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

  16. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  2. 普通じゃ満足できない元素マニアのあなたに:元素手帳2016
  3. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  4. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める
  5. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  6. アルキン来ぬと目にはさやかに見えねども
  7. 触媒量の金属錯体でリビング開環メタセシス重合を操る

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP