[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 第37回 糖・タンパク質の化学から生物学まで―Ben Davis教授

    第37回の海外化学者インタビューは、ベン・デイヴィス教授です。オックスフォード大学の化学科に在籍し、糖類やタンパク質の化学および化学生物学に取り組んでいます。。それではインタビューをどうぞ。 (さらに…)…

  2. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

    第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に…

  3. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授

    第35回の海外化学者インタビューは、マーク・グリーン教授です。イギリスのキングス・カレッジ・ロンドン…

  4. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

    第34回の海外化学者インタビューは、Jeroen Cornelissen教授です。オランダのRadb…

  5. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授

    第33回の海外化学者インタビューは、スティーブ・マルスデン教授です。イギリスのリーズ大学化学科に在籍…

  6. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授

  7. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授

  8. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  9. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

  10. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授

  11. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

  12. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

  13. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員

  14. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授

  15. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授

  16. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  2. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis
  3. 元素名と中国語
  4. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  5. SciFinder Future Leaders in Chemistry 2015に参加しよう!
  6. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用
  7. 化学とウェブのフュージョン

注目情報

最新記事

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

上野公園内の日本科学博物館で開催されている「日本を変えた千の技術博」をみてきました。科博の特…

PAGE TOP