[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授

    第26回はマサチューセッツ大学アマースト校化学科のSankaran Thayumanavan教授です。Thayumanavan教授は、マテリアルサイエンスやバイオロジーへの応用に根ざした超分子化合物のデザインと合成をテーマとされています。そ…

  2. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

    第25回目はアイオワ州立大学化学科のレン・マギリブレイ教授です。マギリブレイ教授は超分子化学、とくに…

  3. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授

    第24回は米マサチューセッツ州マウント・ホリヨーク・カレッジ化学科のダレン・ハミルトン教授です。ハミ…

  4. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授

    さて、又少し時間が空いてしまいました。著名の研究者の生の声が聴けると人気上々であるこの研究者へのイン…

  5. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

    またもや前回から日が開いてしまいました、訳者のサボりです、すみませんm(_ _)m。第23回は米オハ…

  6. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師

  7. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授

  8. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授

  9. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

  10. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson

  11. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授

  12. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller

  13. 第18回 出版業務が天職 – Catherine Goodman

  14. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏

  15. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay

  16. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士

スポンサー

ピックアップ記事

  1. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  2. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  3. アスパルテーム /aspartame
  4. 女性化学賞と私の歩み【世界化学年 女性化学賞受賞 特別イベント】
  5. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  6. ニトログリセリン / nitroglycerin
  7. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP