[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Withers博士

    第76回の海外化学者インタビューは、ニール・ウィザース博士です。Nature Chemistry誌のAssociate Editor(訳注:現在はChemistry World誌に参画)として務めています。それではインタビューをどうぞ。…

  2. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授

    第75回の海外化学者インタビューは、オマー・ヤギー教授です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校 化学・…

  3. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教授

    第74回の海外化学者インタビューは、ロン・ブレズロウ教授です。コロンビア大学化学科に在籍し、生体模倣…

  4. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士

    第73回の海外化学者インタビューは、ガビン・アームストロング博士です。Nature Chemistr…

  5. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather Maynard教授

    第72回の海外化学者インタビューは、ヘザー・メイナード教授です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校化学…

  6. 第71回―「化学のリーディングジャーナルを編集する」Stephen Davey博士

  7. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

  8. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kroto教授

  9. 第68回―「医療応用を志向したスマート高分子材料の開発」Cameron Alexander教授

  10. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授

  11. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授

  12. 第65回―「タンパク質代替機能を発揮する小分子の合成」Marty Burke教授

  13. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授

  14. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授

  15. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」Molly Shoichet教授

  16. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体
  2. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  3. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する
  4. コーラから発がん物質?
  5. 大正製薬、女性用の発毛剤「リアップレディ」を来月発売
  6. アスタチンを薬に使う!?
  7. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP