[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 【第二回】シード/リード化合物の合成

    第二回目はA製薬会社で医薬品開拓の研究員をなさっている、ぶらうんさんにお話を聞いてきました。学生時代からバレーボールをやっていて現在も地域のクラブチームで現役選手だそうです。30才のころからスポーツだけではと、ピアノを習い始めたというとても…

  2. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり

    第3回目は第一回目の福山透先生からのご紹介で、帝京平成大学薬学部(東京大学名誉教授)の北原武先生…

  3. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである

    第二回目は第一線で活躍している若手研究者として、筆者のボスである名古屋大学伊丹健一郎教授のインタビュ…

  4. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授

    第4回は英国クイーンズ大学のA Prassana de Silva教授です。 彼は分子センサー、…

  5. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長

    環境戦略を語る:住友化学・廣瀬博社長 2010年8月23日の毎日新聞に住友化学、廣瀬氏のインタビュー…

  6. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授

  7. インタビューリンクー時任・中村教授、野依理事長

  8. Christoph A. Schalley

  9. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる

  10. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2

  11. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-

  12. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-

  13. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学研究特化型アプリまとめ
  2. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  3. クルクミン /curcumin
  4. アンソニー・スペック Anthony L. Spek
  5. 新人化学者の失敗ランキング
  6. サーバーを移転しました
  7. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成

注目情報

最新記事

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

PAGE TOP