[スポンサーリンク]


研究者へのインタビュー

  1. 第29回「安全・簡便・短工程を実現する」眞鍋敬教授

    今回の研究者へのインタビューは静岡県立大学薬学部から。薬化学教室を主宰している眞鍋敬先生にお願い致しました。ケムステスタッフからの推薦です。研究のターゲットは有機反応を促進する「触媒」。実現困難な分子変換を起こさせる触媒の開発を目指していま…

  2. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授

    さて、今回の研究者へのインタビューは名古屋大学工学研究科の馬場嘉信教授。第7回の杉本教授、第21回の…

  3. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授

    第27回のインタビューは、第11回の金井求教授からの推薦により、京都大学大学院工学研究科・物質-細胞…

  4. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授

    最近頻繁に公開している研究者へのインタビュー。ご協力いただいた先生方には心より感…

  5. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

    25回目のインタビュー。今回は第7回の杉本先生、第21回の深瀬先生からの紹介で、…

  6. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

  7. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授

  8. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授

  9. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授

  10. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授

  11. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授

  12. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授

  13. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授

  14. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授

  15. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授

  16. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  2. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  3. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  4. 170年前のワインの味を化学する
  5. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  6. クリストファー・チャン Christopher J. Chang
  7. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

PAGE TOP