[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースC

  1. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)は自然界における存在比率が低く、側鎖(SH基)のpKaが低く(pKa ~ 8.2)求核性が高いため、生体共役反応の標的として有用である。リジン選択的手法と並んで活用される機会が多い。反応性の高さを利用…

  2. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst

    概要PF6はCrabtree触媒と呼称される取り扱い容易なカチオン性錯体であり、均一系水素化触媒…

  3. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

    概要炭素-炭素結合は有機化合物に含まれる中でもっとも強固な結合で有り、これを切断して別種の変換に…

  4. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmetric Cyclopropanation

    概要キラルボロン酸エステルを当量用いて、不斉Simmons-Smithシクロプロ…

  5. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation

    概要二酸化マンガン-シアニド系によってα,β-不飽和アルデヒドのみを選択的かつ穏…

  6. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction

  7. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesis

  8. カテラニ反応 Catellani Reaction

  9. コールマン試薬 Collman’s Reagent

  10. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis

  11. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis

  12. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis

  13. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement

  14. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

  15. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)

  16. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2017年(第33回)日本国際賞受賞者 講演会
  2. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  3. ベンゼン一つで緑色発光分子をつくる
  4. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-前編
  5. Nature Chemistryデビュー間近!
  6. 地域の光る化学企業たち-1
  7. 中皮腫治療薬を優先審査へ

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

PAGE TOP