[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースC

  1. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst

    概要PF6はCrabtree触媒と呼称される取り扱い容易なカチオン性錯体であり、均一系水素化触媒として働く。エール大学のロバート・クラブトリーによって開発された。Wilkinson触媒などでは反応させることが難しい四置換オレフィ…

  2. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

    概要炭素-炭素結合は有機化合物に含まれる中でもっとも強固な結合で有り、これを切断して別種の変換に…

  3. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmetric Cyclopropanation

    概要キラルボロン酸エステルを当量用いて、不斉Simmons-Smithシクロプロ…

  4. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation

    概要二酸化マンガン-シアニド系によってα,β-不飽和アルデヒドのみを選択的かつ穏…

  5. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction

    概要ペリ環状反応の一種。同一原子上に二つの結合を生じる環形成反応、もしくはその逆…

  6. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesis

  7. カテラニ反応 Catellani Reaction

  8. コールマン試薬 Collman’s Reagent

  9. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis

  10. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process for Acetic Acid Synthesis

  11. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis

  12. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement

  13. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

  14. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)

  15. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation

  16. カチオン重合 Cationic Polymerization

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学系ブログのランキングチャート
  2. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  3. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  4. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  5. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ② ~巨大な平面構造体 編~
  6. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  7. 構造式を美しく書くために【準備編】

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

PAGE TOP