[スポンサーリンク]

C

コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement

 

概要

4位にカルボニルが置換したオキサゾールは、熱的条件下に転位反応を起こす。チアゾールでも同様の転位は観測される。

基本文献

 

反応機構

冒頭スキームのように電子環状反応によって結合が開裂し、イリド中間体を経由することが示唆されている(参考:J. Am. Chem. Soc. 197496, 6148. Chem. Ber. 1971, 104, 1408.)

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…
  2. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  3. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…
  4. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  5. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effec…
  6. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  7. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  8. スワーン酸化 Swern Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治療薬を発売
  2. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  3. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis
  4. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  6. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  7. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  8. Horner-Emmons 試薬
  9. カーボン系固体酸触媒
  10. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP