[スポンサーリンク]


ケトン

  1. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis

    概要o-ヒドロキシアリールケトンおよび酸無水物からフラボン誘導体を得る手法。飽和の酸無水物を用いる場合はKostaneckiアシル化とも言われる。 (さらに…)…

  2. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

    概要無水酢酸をDMSOの活性化剤として用いる酸化反応。室温で進行するが、反応時間…

  3. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

    概要1,3-ジチアンの2位メチレン水素は酸性度が高く(pKa31.1)、アルキル…

  4. アシロイン縮合 Acyloin Condensation

    カルボン酸誘導体→ケトン概要2分子のエステルを金属ナトリウム還元条件下、ホモ…

  5. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction

    概要化学量論量のコバルトオクタカルボニルおよびアルキン、アルケン存在下、シクロペ…

  6. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis

  7. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Dioxide (MnO2)

  8. クライゼン縮合 Claisen Condensation

  9. クライゼン転位 Claisen Rearrangement

  10. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis

  11. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

  12. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction

  13. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction

  14. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation

  15. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  2. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授
  3. 持続可能社会をつくるバイオプラスチック
  4. CSJカレントレビューシリーズ書評
  5. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  6. ケムステV年末ライブ & V忘年会2020を開催します!
  7. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP