[スポンサーリンク]


ケトン

  1. オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

    概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として有用である。しかしながらイミン形成でのライゲーションを行おうとしても、イミンの熱力学的安定性の乏しさ、反応の可逆性、酸性脱水縮合条件…

  2. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduction

    概要β-ヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、anti-1,3-ジオールを得る方法。sy…

  3. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

    概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

  4. アルデヒドを分液操作で取り除く!

    アルデヒドは入手しやすく安定であり、高い反応性を持つため炭素-炭素結合形成に使いやすい、などの特性を…

  5. スナップ試薬 SnAP Reagent

    概要SnAP(Sn(tin) Amine Protocol)試薬は、カルボニル化合物と混合し酸化…

  6. MSH試薬 MSH reagent

  7. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation

  8. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  9. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  10. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride

  11. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

  12. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

  13. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction

  14. ファン・ロイゼン試薬 van Leusen Reagent (TosMIC)

  15. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene

  16. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson Flavone Synthesis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  2. 林 民生 Tamio Hayashi
  3. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  4. 外国人研究者あるある
  5. ネオ元素周期表
  6. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull Method for Determination of Enantiomeric Excess
  7. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

PAGE TOP