[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

[スポンサーリンク]

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度の夏以降に開催される学会はほぼ全てオンラインで開催されることとなり、今後もこのような形式のシンポジウムが数多く開催されていくでしょう。

ケムステVシンポもこの流れを作り出した一つの大きなイベントとなり、コロナウイルス問題鎮静化後も継続して欲しいとの声が非常に多いです。少し開催ペースを落としますが、継続して続けることを前提にして開催していますのでご心配なく。

そこで、夏も本番に差し掛かる7月に第五回ケムステVシンポジウムを開催します!

今回のテーマは「ケミカルバイオロジー」です。

タンパク質・ペプチド、糖鎖などの分野で最先端の研究を牽引する3人の講演者をお招きしました!以下詳細。

実施概要

第五回ケムステVシンポジウム

「最先端ケムバイオ」
対象:誰でも
開催日:2020年7月7日(火)
講演会:18:00~20:00(1名35分、講演30分+質疑応答5分程度を目安、各講演間に休憩3-5分程度)
座談会:20:15~21:15
会場:オンライン(講演者はZoom使用・YouTubeライブの限定URL配信)
定員:先着4000名(途中参加・退出自由)
言語:日本語
参加費:無料
講演者
浜地 格 先生(京大・工/ERATO 教授)「生体夾雑系のタンパク質有機化学が目指すもの
安藤 弘宗 先生(岐阜大/G-CHAIN、東海機構iGCORE 教授)「合成化学で糖鎖の未知を切り拓く
山東 信介 先生(東大・工 教授)「分子設計で実現する次世代バイオイメージング

参加登録:Connpass利用ガイドはこちら

講演会Connpassイベントページで行ってください・開始15分前まで受付

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえゲットすれば、YouTube Liveに間に合わなくても視聴できますので、是非参加登録をお願いします。

座談会Connpassイベントページで行ってください・開始2日前(7/5(日) 23:59)まで受付 (※学生・PD限定)

座談会参加登録はこちら

Twitterハッシュタグ#ケムステVシンポ #最先端ケムバイオ

主催Chem-Station

協賛東京化成工業株式会社/ メルク株式会社/ 島津製作所

ファシリテーター

寄立 麻琴(九大院薬 助教)

モデレーター

清川 慎介(香港科技大學、PhD学生)

尾花 満衣子(Caltech、PhD学生)

外部モデレーター

谷藤 涼(農工大 助教)

 

前回までのアンケート調査などを反映して、会を重ねるごとに方針をアップデートしています。

・外部モデレーター募集について

今回ファシリテーターを務める寄立(九大)は、ご縁があって第二回ケムステVシンポの時に外部モデレーターとして参加させていただき、ケムステスタッフに正式に移行しました。ケムステではこのような形で一緒に化学を発信してくれるメンバーを受け入れています。そこで、今回はこの会告の場で正式に外部モデレーターを募集したいと思います!ケムステの活動やVシンポジウムの活動に興味があり、外部モデレーターとしてお手伝いをしていただける方は寄立(m.yoritate3132@gmail.com)まで直接ご連絡ください。「中に入ってノウハウを得たい」「人との繋がりを増やしたい」「分野関係なく色々な化学に触れてみたい」など理由は問いません!これによって新く生まれる繋がり、大歓迎です。

・Live配信後の動画の取り扱い

配信の後日、未発表データを含む部分をカットした動画をYouTubeケムステチャンネルにアップします。

是非、ご視聴・チャンネル登録・高評価お願いします!

・座談会について

講演会後に、学生・ポスドクが参加可能な少人数制の座談会を開催します!ご快諾いただいた先生方ありがとうございます!

講演者の先生方と交流できるチャンスであると同時に、ケムステスタッフを含む参加者どうしの横のつながりも広げていきたいと考えています。たくさんの応募が見込まれますが、早い者勝ちではなく抽選で参加者を決定しますので、焦らずに参加申し込みをお済ませください。

これまでで最も遅い時間の開催なので、Vシンポと座談会の間隔を15分にしています。ご飯等はVシンポ、座談会中いずれにおいても自由に食べていただいて大丈夫なので、それぞれのペースで参加してください。

・ファシリテーターからひとこと

今回は、開催してほしいと多くの声が上がっていた(と思っている)ケミカルバイオロジーをテーマにしたVシンポジウムです。基盤となる有機合成化学は医農薬や機能性マテリアルの分野に応用されます。基盤と応用の境界領域であるケミカルバイオロジーは、生命現象の解明や生体機能の制御を化学のチカラで可能にする学問分野です。「どうやってモノを作るか」を追求する有機合成化学に対して、ケミカルバイオロジー的視点は「何を作るべきか」と言う課題を提供してくれます。

招待させていただいた先生方は、ケミカルバイオロジーの分野を牽引する豪華メンバーです。先生方の巧みな分子設計、合成、生命現象の解明などをお話ししていただきます。先生方の略歴や研究内容については、申し訳ありませんが時間の都合上シンポジウム中にファシリテーターからお伝えすることができません。Vシンポ開催前に化学者インタビューと研究者データベース記事をケムステに投稿しますので、そちらをお読みください。

ケミカルバイオロジーを専門とする学生・先生方はもちろん、ケムバイオに興味を持っている学部生・大学院生、新い研究分野に手を出そうと思っているポスドク・研究者の方々、多くの人が満足できる講演会になると確信しております。是非、参加・ご視聴をお願いします!

 

協賛企業(東京化成工業)からのお知らせ

東京化成工業

  • ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。
    弊社では,ケミカルバイオロジーに関する試薬を多数取り扱っています。
    ケミカルバイオロジーの製品カテゴリーページはこちら https://bit.ly/3gMIbBd

 

メルク

  • 新しい創薬モダリティツールのPROTAC®化合物、高品質な脂質製品ブランドAvanti®をはじめとしたケミカルバイオロジー研究に役立つ情報を公開中→詳しくはこちら
    ケミカルバイオロジーの最新情報はAldrich ChemNewsで!→詳しくはこちら

 

島津製作所

 

「科学技術で社会に貢献する」。人々の願いを実現し、社会に貢献するために。島津製作所はこれからも挑戦を続けていきます。今年で創業145周年を迎えました。→詳しくはこちら

分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい(登録無料)。→詳しくはこちら

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

関連リンク

浜地格

安藤弘宗

山東信介

Macy

投稿者の記事一覧

有機合成を専門とする教員。将来取り組む研究分野を探し求める「なんでも屋」。若いうちに色々なケミストリーに触れようと邁進中。

関連記事

  1. 自宅で抽出実験も?自宅で使える理化学ガラス「リカシツ」
  2. 光触媒に相談だ 直鎖型の一級アミンはアンモニア水とアルケンから
  3. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  4. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する
  5. 研究生活の心構えー修士課程、博士課程に進学したあなたへー
  6. 地球温暖化-世界の科学者の総意は?
  7. 【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキ…
  8. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  2. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  3. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  4. シェールガスにかかわる化学物質について
  5. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  6. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  7. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  8. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成
  9. コーラから発がん物質?
  10. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP