[スポンサーリンク]

一般的な話題

天秤で量れるのは何mgまで?

[スポンサーリンク]

どんな測定にも測定限界がありますが、一番身近な測定装置である電子天秤の測定限界はご存知でしょうか?
恐らく多くの人が、微量の触媒や生成物、あるいは測定試料を秤量していて正確性に不安を覚えたことがあると思います。これまでケムステにも、どうすれば秤量誤差を少なくできるかについていくつか記事がありました(これとかこれ)。では、最小でどれくらい量れるかというと……どうでしょうか?

「d = 0.01 mg」は「最小0.01 mgが秤量できる」ではない

これ、誤解している人が多いのではないでしょうか。精密電子天秤の本体のどこかに書いてある「d = 0.01 mg」などは、最小で0.01 mgのサンプルが正確に秤量できるという意味ではありません。

「d = 0.01 mg」は、ただの「最小表示」です。
例えばメトラーの天秤XSR205DUVは、こちらのHPにあるように、最小計量値は20 mgです。

えっ、めちゃ大きくない? と思われたかもしれませんが、これも私たちが知りたい値とは少し違います。「最小計量値」というのは、繰り返し測定したときの誤差(標準偏差)の2倍が、95.4%の確率で測定量の0.1%以内に収まる、と期待される最小の重さです。

……何言ってるかわからないですね。
この場合、20 mgのサンプルを繰り返し量ると19.98~20.02 mgの間に収まる確率が95.4%、という意味になります。大体の場合で、「d =」で書いてある量が標準偏差と同じようです。つまり標準偏差0.01 mgの2倍 = 0.02 mgが測定量の0.1%、ということは測定量はその1000倍 = 20 mg = 最小計量値、という理屈です。
とにかく、かなりの精度が担保される数値だということが分かります。じゃあ結局最小で何mg量れるの?

小スケールの際は直線性をチェックすべし

ややこしいことに電子天秤の標準偏差は、通常 10 gの分銅を使って決定されています。実際に最小計量値の重さの分銅を使って調べたわけではなく、上記の20mgは単に標準偏差の2000倍で得られた値です。つまり、実際に調べられた結果としては、10 gの分銅を10回量って得られた値が9.98~10.02 gの間に…ということです。

何が問題かというと、10 gの分銅と20 mgのサンプルでは、誤差が線形ではない、ということです。ここでいう「線形でない」というのは、少量になればなるほど誤差が大きくなる、と受け取っても差し支えありません。
つまり、実際に上で言ったように20 mgのサンプルを繰り返し量っても、19.98~20.02 mgの間には収まりません。このずれを「直線性」というらしく、XSR205DUVでは

繰り返し性(代表値) 0.01 mg
直線性 ±0.2 mg

とあります。これは、(環境による誤差要因を最小にしたとしても)最悪で±0.22 mgの誤差が生じうるという意味のようです。

まとめ

要するに、重いサンプルを量るときには標準偏差(繰り返し性)が、軽いサンプルを量るときには直線性が大きく影響する、ということのようです。
メトラーのXSR205DUVで実測が1 mgだった場合の真の値は、0.78~1.22 mgの間ということですね。
例えば触媒量5 mol%の触媒を1 mg秤量したとすると、実際の触媒量は3.9~6.1 mol%ということになります。0.5 mgを秤量した場合では、2.8~7.2 mol%です。ちょっと大きすぎる気がしますね。

大事な点は、「最小でこの量までは正確に量れます」という数値があるのではなく、常に誤差がついてくるということですね。また、直線性は装置に由来する誤差なので、環境由来の誤差を少なくする工夫も重要です。そちらについてはケムステの過去記事をご覧ください。

直線性は装置本体には書いていないことも多いです。新年の初めにまず、手元の天秤の直線性を取説やHPでチェックしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

関連リンク

arrow

arrow

投稿者の記事一覧

大学で有機金属触媒について研究している学生→発光材料や分子性電子素子を研究している大学教員になりました。 好きなものはバスケとお酒、よくしゃべりよく聞きよく笑うこと。 日々の研究生活で見、聞き、感じ、考えたことを発信していきます。

関連記事

  1. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  2. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み
  3. 細胞の中を旅する小分子|第二回
  4. 円偏光発光を切り替える色素ー暗号通信への応用に期待ー
  5. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  6. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  7. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法…
  8. 人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生理活性物質? 生物活性物質?
  2. 鈴木 章 Akira Suzuki
  3. 標準物質ーChemical Times特集より
  4. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  5. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教授
  6. 第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式
  7. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  8. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  9. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  10. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハッ…

伝わるデザインの基本 増補改訂3版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

(さらに…)…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:②合成蛍光色素

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン・対面併設|進化する高分子材料 表面・界面制御 Advanced コース

開講期間●令和4年 2月  14日(月)、17日(木):基礎編●       21日(月)、…

ホウ素化反応の常識を覆し分岐型アルケンの製造工程を大幅短縮

第 360回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科 博士課…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP