[スポンサーリンク]

ケムステニュース

武田薬品、14期連続で営業最高益に

[スポンサーリンク]

 

武田薬品工業の2006年3月期の連結業績は、本業のもうけを示す営業利益が前の期に比べ1%増の3900億円前後と増益を確保し、14期連続で最高益を更新したようだ。これまでは小幅減益を予想していたが、日米欧で糖尿病薬など生活習慣病薬が伸びた。ただ、新薬開発など先行投資負担も大きく、利益の伸びは鈍っている。(引用:日本経済新聞

アクトスプロブレス

?

?

?

?

 

?

 主力の高血圧症治療薬「ブロプレス」や糖尿病治療薬「アクトス」などの販売が好調であったそうです。ただ、武田の最主力製品である抗かいよう剤「プレバシド」(日本名タケプロン)の売り上げが鈍化し、経常利益が思ったほど伸びなかったようです。

 プレバシドは米国において1995年に発売されたプロトンポンプ阻害剤です。
 
 現在、同社は成分であランソプラゾールの光学異性体を独自の製剤技術により有効血中濃度を持続させた製剤である、TAK-390MRのフェーズIII開発中です。
 
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  2. 使い方次第で猛毒、薬に
  3. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  4. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  5. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  6. 中国化学品安全協会が化学実験室安全規範(案)を公布
  7. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  8. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  2. 医薬品の黄金世代到来?
  3. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  4. 元素名と中国語
  5. オープンアクセス論文が半数突破か
  6. 天然物化学談話会
  7. 研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)
  8. フタロシアニン phthalocyanine
  9. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表
  10. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP