[スポンサーリンク]

ケムステニュース

富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り

[スポンサーリンク]

T-817MA 富山化学工業は20日、自社開発のアルツハイマー型認知症治療薬「T-817MA」の臨床第1相(フェーズ1)試験を米国で開始した、と発表した。これを受けて株価は商いを伴って上伸している。ラットの試験では進行抑制効果が確認されたとしている。フェーズ2試験は、米国で06年第4四半期に開始する予定。 (引用:ラジオNIKKEI)

 

アルツハイマー関連の薬は日本ではエーザイのアリセプトしかありませんが、海外ではガランタミンがレミニールという商品名で治療薬として認知されています。開発中のもので言えば第一製薬の「SUNY7017」(一般名・塩酸メマンチン)があります。まだまだフェーズI。薬になるかどうかはわかりませんがうまくいくとよいですね。アルツハイマー関連の薬についてのニュースは関連ニュースをご覧ください。

 

関連ニュース
 
アルツハイマー薬で副作用死(2005.6.27)

大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬(2005.2.17)

 
アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る(2004.10.4)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる…
  2. 「さびない鉄」産業界熱視線
  3. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  4. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベ…
  5. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  6. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  7. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判…
  8. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シラフィン silaffin
  2. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  3. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)
  4. ~祭りの後に~ アゴラ企画:有機合成化学カードゲーム【遊機王】
  5. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  6. 含ケイ素四員環 -その1-
  7. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】
  8. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclopentene Synthesis
  9. モリブデン触媒
  10. 私がケムステスタッフになったワケ(3)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter