[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

[スポンサーリンク]

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者である。専門は有機合成、有機光化学。神戸大学准教授。

経歴

2001 東京大学薬学部 卒業
2003 東京大学大学院薬学系研究科・分子薬学専攻 修士課程修了(小林修教授)
2003~2005 東京大学大学院薬学系研究科・分子薬学専攻 博士課程在籍(2005年中退) この間、日本学術振興会特別研究員DC1
2005~2007 東京大学大学院薬学系研究科助手
2007 博士(薬学)取得
2007~2009 東京大学大学院理学系研究科助教
2009~2011 マサチューセッツ工科大学(Timothy F. Jamison教授) 日本学術振興会海外特別研究員
2011~ 神戸大学大学院理学研究科准教授

受賞歴

2018 神戸大学共通教育ベストティーチャー賞
2014 井上リサーチアウォード
2013 有機合成化学協会 中外製薬研究企画賞
2012 日本化学会第92春季年会 優秀講演賞(学術)

研究業績

(1)高還元力を有する有機光触媒に関する研究

光を吸収して化学エネルギーに変換する光触媒は、化石燃料に頼らない社会を築くうえで重要である。有機合成における光反応では、Ir(ppy)3やRu(bpy)32+など遷移金属錯体が光触媒として用いられることが多い。しかし、これらの光励起状態の還元力は十分ではなく、例えば還元電位の低い(負に大きい)臭化ベンゼンや塩化ベンゼンの一電子還元は難しい。そこで、より高い還元力を持つ光触媒の開発が望まれていた。
我々は最近カルバゾールを基盤とする新たな有機光触媒を開発し、通常一電子的還元が困難な臭化ベンゼン、塩化ベンゼン、フッ化ベンゼンの光還元を可視光励起にて達成した。高い還元力を実現するためには、カルバゾール上の置換基の立体的因子と電子的因子を巧く組み合わせ、電荷分離励起状態を生成させることが重要であった。

(2)フロキサンの合成法開発と応用展開

あまり研究が進んでいないヘテロ芳香環であるフロキサン(1,2,5-オキサジアゾール-2-オキシド)の合成法開発と応用展開を行っている。

2-1.フロキサンのポストリング修飾法の開発

フロキサン合成の効率化を目的として、フロキサン環を構築した後、二つの置換基を順次導入するポストリング修飾法を実現した。従来法と比べて、多種類のフロキサンを簡便に合成することができる。

2-2.光に応答して一酸化窒素を放出するフロキサン分子の創製

一酸化窒素は生体内にて多くの機能を持つシグナル伝達物質であり、創薬のターゲット分子として注目されている。室温でガス状の小分子である一酸化窒素を、量・時間・場所をコントロールして生体に投与する技術が求められている。
最近我々は、光を照射すると一酸化窒素を放出するフロキサン分子を創製した。光を操作することで、一酸化窒素を放出する場所や量をコントロールすることができる。一酸化窒素の放出は、フロキサンの光異性化が関与したユニークなメカニズムで引き起こされることが分かっている。

関連動画

名言集

コメント・その他

関連文献

  1. R. Matsubara, T. Shimada, Y. Kobori, T. Yabuta, T. Osakai, M. Hayashi “Photoinduced Charge-Transfer State of 4-Carbazolyl-3-(triluoromethyl)benzoic Acid: Photophysical Property and Application to Reduction of Carbon-Halogen Bonds as a Sensitizer” Chem. Asian J. 11, 2006–2010 (2016).
  2. R. Matsubara, T. Yabuta, U. Md Idros, M. Hayashi, F. Ema, Y. Kobori, K. Sakata “UVA- and visible light-mediated generation of carbon radicals from organochlorides using non-metal photocatalyst” J. Org. Chem. 83, 9381–9390 (2018).
  3. C. P. Seymour, R. Tohda, M. Tsubaki, M. Hayashi, R. Matsubara “Photosensitization of fluorofuroxans and its application to the development of visible light-triggered nitric oxide donor” J. Org. Chem. 82, 9647–9654 (2017).
  4. R. Matsubara, H. Kim, T. Sakaguchi, W. Xie, X. Zhao, Y. Nagoshi, C. Wang, M. Tateiwa, A. Ando, M. Hayashi, M. Yamanaka, T. Tsuneda “Modular synthesis of carbon-substituted furoxans via radical addition pathway. Useful tool for transformation of aliphatic carboxylic acids based on “build-and-scrap” strategy” Org. Lett. 22, 1182–1187 (2020).

関連書籍

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  2. 松村 保広 Yasuhiro Matsumura
  3. ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies
  4. ジョージ・スミス George P Smith
  5. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  6. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  7. アレン・バード Allen J. Bard
  8. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  2. 金属を使わない触媒的水素化
  3. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  4. 第76回―「化学を広める雑誌編集者として」Neil Withers博士
  5. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  6. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  7. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  8. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  9. ピンナ酸の不斉全合成
  10. 石谷 治 Osamu Ishitani

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP