[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発

ソニーは8月23日、ブドウ糖で発電するバイオ電池を開発したと発表した。「パッシブ型」のバイオ電池では世界最高出力を達成し、実際にウォークマン(フラッシュメモリタイプ)で音楽を再生できたという。ブドウ糖は地球上に豊富に存在するため、環境に優しい将来のバッテリーとして実用化を目指す。(引用:ITMedia News)

ブドウ糖=グルコース(glucose)

  • 関連書籍

  • 外部リンク

本発明に関するソニーのプレスリリース

グルコース – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  2. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  3. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  4. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  5. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  6. ノーベル化学賞明日発表
  7. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  8. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. JSRとはどんな会社?-1
  2. 浜地 格 Itaru Hamachi
  3. 誰でも使えるイオンクロマトグラフ 「Eco IC」新発売:メトローム
  4. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  5. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか
  6. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  7. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  8. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟
  9. 光親和性標識 photoaffinity labeling (PAL)
  10. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP