[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発

ソニーは8月23日、ブドウ糖で発電するバイオ電池を開発したと発表した。「パッシブ型」のバイオ電池では世界最高出力を達成し、実際にウォークマン(フラッシュメモリタイプ)で音楽を再生できたという。ブドウ糖は地球上に豊富に存在するため、環境に優しい将来のバッテリーとして実用化を目指す。(引用:ITMedia News)

ブドウ糖=グルコース(glucose)

  • 関連書籍

  • 外部リンク

本発明に関するソニーのプレスリリース

グルコース – Wikipedia

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  2. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  3. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  4. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働き…
  5. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ
  6. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  7. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  8. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. PACIFICHEM2010に参加してきました!②
  2. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  3. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益
  4. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  5. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEED UP!
  6. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム
  7. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation
  8. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?
  9. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group
  10. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP