[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発

[スポンサーリンク]

ソニーは8月23日、ブドウ糖で発電するバイオ電池を開発したと発表した。「パッシブ型」のバイオ電池では世界最高出力を達成し、実際にウォークマン(フラッシュメモリタイプ)で音楽を再生できたという。ブドウ糖は地球上に豊富に存在するため、環境に優しい将来のバッテリーとして実用化を目指す。(引用:ITMedia News)

ブドウ糖=グルコース(glucose)

  • 関連書籍

  • 外部リンク

本発明に関するソニーのプレスリリース

グルコース – Wikipedia

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  2. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  3. 分子標的薬、手探り続く
  4. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  5. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  6. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  7. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度
  8. 製薬会社5年後の行方

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : Bis(hexafluoroacetylacetonato)copper(II) Hydrate
  2. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々
  3. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  4. CRISPRの謎
  5. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  6. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  7. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる
  8. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  9. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cycloaddition of Nitrone
  10. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP