[スポンサーリンク]


AI

  1. 石油・化学プラントのスマート保安推進に向けて官民アクションプランを策定

    経済産業省は、7月10日(金曜日)に「スマート保安官民協議会 高圧ガス保安部会」を開催し、スマート保安推進に向けて、先進的な取組を行う事業者と共に官民アクションプランを策定しました。 (引用:7月10日経済産業省プレスリリース)今年の2…

  2. AIを搭載した化学物質毒性評価サービス「Chemical Analyzer」の販売を開始

    インフォコム株式会社は、欧米の化学、製薬企業や研究機関にITサービスを提供するViridisChem…

  3. AI翻訳エンジンを化学系文章で比較してみた

    ケムステではGoogle 翻訳の登場時、いち早くその実力を紹介しました(参考: Google 翻訳の…

  4. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

    新薬と既存の2 薬剤を併用した薬物療法の臨床試験で、最も死亡率が高いタイプの結核患者の90%が治癒に…

  5. AIが作った香水、ブラジルで発売

    AIが作った香水がこのほどブラジルで発売された。といってもAIに嗅覚はないので、これまでの香水の配合…

  6. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版

  7. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

  8. 専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

  9. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

  10. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  2. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group
  3. キセノン (xenon; Xe)
  4. 実験ノートの字について
  5. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  6. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  7. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments

注目情報

最新記事

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

PAGE TOP