[スポンサーリンク]


AI

  1. 第64回「実際の化学実験現場で役に立つAIを目指して」―小島諒介 講師

    第64回目の研究者へのインタビューは京都大学大学院医学研究科の小島諒介 先生にお願いいたしました。小島先生はもともと化学畑ではなく、今をときめく人工知能(AI)研究がご専門です。ただ、その応用先としての化学分野にも強い興味を持ってお…

  2. 様々な化学分野におけるAIの活用

    ENEOS株式会社と株式会社Preferred Networks(PFN)は、2023年1月に石油精…

  3. 【8/25 20:00- 開催!】オンラインイベント「研究者と描くAI社会の未来設計」

     生成AIの登場が社会にさまざまな影響を与えています。日々進化するAIと効果的に協働する方法…

  4. 初心者でも簡単!ChatGPTを用いたプログラミング

    「プログラミングに興味がある、でも勉強している時間はない…」そう考えている学生や研究者の方も多いと思…

  5. 化学者がMidjourneyで遊んでみた

    最近、SNSスペースを席巻しているMidjourney。簡単なコマンドを打つだけで、それっぽ…

  6. 高分子固体電解質をAIで自動設計

  7. 理工系のAI英作文術

  8. 第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!

  9. 化学プラントにおけるAI活用事例

  10. AIと融合するバイオテクノロジー|越境と共創がもたらす革新的シングルセル解析

  11. 日本で発展する化学向けAIと量子コンピューターテクノロジー

  12. 石油・化学プラントのスマート保安推進に向けて官民アクションプランを策定

  13. AIを搭載した化学物質毒性評価サービス「Chemical Analyzer」の販売を開始

  14. AI翻訳エンジンを化学系文章で比較してみた

  15. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

  16. AIが作った香水、ブラジルで発売

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究者よ景色を描け!
  2. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  3. 材料開発を効率化する、マテリアルズ・インフォマティクス人材活用のポイントと進め方
  4. くすりに携わるなら知っておきたい! 医薬品の化学
  5. 有機合成化学協会誌2019年4月号:農薬・導電性電荷移動錯体・高原子価コバルト触媒・ヒドロシアノ化反応・含エキソメチレン高分子
  6. “Wakati Project” 低コストで農作物を保存する技術とは
  7. M.G.フィン M. G. Finn

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

PAGE TOP