[スポンサーリンク]

archives

PdCl2(dppf)

【東京化成工業】
PdCl2(dppf): Dichloro[1,1′-bis(diphenylphosphino)ferrocene]palladium
CAS: 72287-26-4
製品コード: B2064
値段: 1g, 8100円 (2008.10.18 現在)
用途:有機金属触媒
説明: Buchwald-Hartwigクロスカップリングに一般的によく用いられる触媒です。
その他のPd触媒:Pd触媒 / Catalyst for Cross-coupling Reactions(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  2. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  3. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  4. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  5. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  6. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  7. GlycoProfile アジド糖
  8. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  2. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  3. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction
  4. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用
  5. 2015年化学10大ニュース
  6. ビッグデータが一変させる化学研究の未来像
  7. 昇華の反対は?
  8. 隣接基関与 Neighboring Group Participation
  9. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!
  10. エレクトロクロミズム Electrochromism

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP