[スポンサーリンク]

archives

PdCl2(dppf)

【東京化成工業】
PdCl2(dppf): Dichloro[1,1′-bis(diphenylphosphino)ferrocene]palladium
CAS: 72287-26-4
製品コード: B2064
値段: 1g, 8100円 (2008.10.18 現在)
用途:有機金属触媒
説明: Buchwald-Hartwigクロスカップリングに一般的によく用いられる触媒です。
その他のPd触媒:Pd触媒 / Catalyst for Cross-coupling Reactions(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヘテロカンシラノール
  2. ケムステ国際版・中国語版始動!
  3. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  4. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフ…
  5. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  6. コランヌレン : Corannulene
  7. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  8. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリーンなラジカル反応で官能基化する
  2. ビール好きならこの論文を読もう!
  3. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  4. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  5. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子
  6. マーティン・カープラス Martin Karplus
  7. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  8. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  9. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  10. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP