[スポンサーリンク]

archives

PdCl2(dppf)

【東京化成工業】
PdCl2(dppf): Dichloro[1,1′-bis(diphenylphosphino)ferrocene]palladium
CAS: 72287-26-4
製品コード: B2064
値段: 1g, 8100円 (2008.10.18 現在)
用途:有機金属触媒
説明: Buchwald-Hartwigクロスカップリングに一般的によく用いられる触媒です。
その他のPd触媒:Pd触媒 / Catalyst for Cross-coupling Reactions(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  2. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  3. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  4. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Di…
  5. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  6. SelectfluorR
  7. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  8. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  2. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  3. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  4. エチレンをつかまえて
  5. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  6. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  7. 安積徹 Tohru Azumi
  8. 就職活動2014スタートー就活を楽しむ方法
  9. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで
  10. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP