[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノーベル医学生理学賞、米の2氏に

スウェーデンのカロリンスカ医科大学は4日、今年のノーベル医学生理学賞を、米コロンビア大のリチャード・アクセル教授(58)と、米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのリンダ・バック博士(57)に贈ると発表した。においのセンサーである受容体の遺伝子を突き止め、動物の嗅覚(きゅうかく)システムを解明したことが評価された。賞金は1000万クローナ(約1億5000万円)で、両氏で折半する。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。(引用: 朝日新聞 )

 

1991年にマウスゲノムから1000 個を超える嗅覚受容体遺伝子ファミリーが発見される。その後10 年,哺乳類を中心に嗅覚受容体による嗅覚物質の認識や,脳へのシグナル伝達の仕組みが急速に解明されたことが受賞理由のようだ。化学賞はどうなることやら。

 

関連書籍

 

 外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  2. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付…
  3. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  4. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  5. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  6. トムソン・ロイターのIP & Science事業売却へ…
  7. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  8. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル街道起点
  2. 第4回CSJ化学フェスタに参加してきました!
  3. Macユーザに朗報?ChemDrawバージョンアップ
  4. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU
  5. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki
  6. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  7. 学会に行こう!高校生も研究発表できます
  8. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  9. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  10. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

「関東化学」ってどんな会社?

1944年(昭和19年)の設立以来、研究分野で使われる多種多様の薬品を市場に供給することで社会に貢献…

光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

2017年、カリフォルニア大学アーヴァイン校・Larry E. Overmanらは、可視光レドックス…

池袋PARCOで「におい展」開催

「カメムシ」「腐豆腐」「シュールストレミング」――普段は嗅ぐ機会はないが、嗅いでみたい臭いを体験でき…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP