[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノーベル医学生理学賞、米の2氏に

スウェーデンのカロリンスカ医科大学は4日、今年のノーベル医学生理学賞を、米コロンビア大のリチャード・アクセル教授(58)と、米フレッド・ハッチンソンがん研究センターのリンダ・バック博士(57)に贈ると発表した。においのセンサーである受容体の遺伝子を突き止め、動物の嗅覚(きゅうかく)システムを解明したことが評価された。賞金は1000万クローナ(約1億5000万円)で、両氏で折半する。授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれる。(引用: 朝日新聞 )

 

1991年にマウスゲノムから1000 個を超える嗅覚受容体遺伝子ファミリーが発見される。その後10 年,哺乳類を中心に嗅覚受容体による嗅覚物質の認識や,脳へのシグナル伝達の仕組みが急速に解明されたことが受賞理由のようだ。化学賞はどうなることやら。

 

関連書籍

 

 外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  2. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  3. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  4. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  5. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  6. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  7. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  8. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カスケード反応 Cascade Reaction
  2. ニュースタッフ追加
  3. Horner-Emmons 試薬
  4. リッチー・サーポン Richmond Sarpong
  5. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  6. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  7. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride
  8. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  9. NPG asia materialsが10周年:ハイライト研究収録のコレクションを公開
  10. 有機合成の落とし穴

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

PAGE TOP