[スポンサーリンク]

一般的な話題

新人化学者の失敗ランキング

もう6月になりましたね。関東地方も梅雨に入りました。6月くらいになると研究室も会社も新人さんが少しずつ作業に慣れてきた頃ではないかと思います。事故が起らないよう改めて気を引き締めていきたいものですね。

 

まぁ、とはいえ過去の記事にもあるように、他人の失敗というのはどうしてか笑えるものですよね。今回は、インターネット上で偶然見つけた「Rookie Mistakes」ランキングを紹介したいと思います。

見事新人化学者の失敗ランキングのトップ10に入った失敗達は思わず「あるある~」と言ってしまうものばかり。中には、「真空でないエバポレーターからフラスコを落とし、汚い水浴から虫をより分けながら有機物を抽出する」なんていう冗談みたいな失敗もランクインしています。いったいトップ3にはどんな失敗がランクインしたのでしょうか?

*ランキングは投票制のようでしたので、もしかすると順位は頻繁に変動するのかもしれません。本記事の順位とサイトの順位が異なる場合もあるかと思いますがご理解ください。

 

 第3位

コックを閉じていない分液ろうとに反応混合物を注ぎ込む。

これは私はやったことがありません。仮にコックを閉じていたとしても中身がもれ出てくるかもしれません。反応混合物を入れる前に、抽出溶媒を少し分液ろうとに入れてみて、もれがないことを事前に確認しておくべきですね。

 

第2位

スターラーチップを入れ忘れたまま反応試薬を入れる。 

ありがちですね。そこまで厳密な反応でなければ、後からササッとスターラーチップを入れてしまいますが……。で、またこの後からスターラーチップを入れる時に、新人がやるとピチャンッと中の試薬やらが飛び散って、フラスコのすりに付いてしまうなんてことも……。

 

第1位

フラスコの重さをあらかじめ量っておくのを忘れる。

さすが第1位です。新人でなくてもたまにやってしまう失敗ですね。精製まで済ませたサンプル、はて収率はいかほどか、なんてワクワクしながら重さを量ってみて失敗に気付く……。

まぁ、もう一度あのワクワクを楽しめると思えばいいんです。気を取り直して別のフラスコに化合物を移し替え、ポンプアウトまで済ませて、はて収率はいかほどか、なんて言って、移し替えたフラスコの重さも量り忘れてたらもう大変。イライラが頂点に達することでしょう。

 

さて、「あるある~」と言っていただけたでしょうか。人間に失敗はつきものですが、くれぐれも怪我等にはお気を付けて。気が緩み始めた新人さんは要注意ですよ。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. 【追悼企画】水銀そして甘み、ガンへー合成化学、創薬化学への展開ー…
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑥:実験室でも…
  3. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒
  4. クロスカップリングの研究年表
  5. 【書籍】理系のための口頭発表術
  6. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  7. 化学系研究室ホームページ作成ガイド
  8. “Wakati Project” 低コス…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

  1. RT: 新人化学者の失敗ランキング –

注目情報

ピックアップ記事

  1. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得
  2. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  3. バイアグラ /viagra
  4. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  5. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  6. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  7. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  8. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  9. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  10. 化学研究ライフハック:Twitter活用のためのテクニック

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

今回は、Wolff 転位、Curtius 転位あるいは Hofmann 転位といった反応を取り上げま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP