[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始

コエンザイムQ10三菱ガス化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小高英紀。以下「三菱ガス化学」という。)及び日清製粉グループの日清ファルマ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:中村勝。以下「日清ファルマ」という。)は、コエンザイムQ10の合弁事業を開始することといたしました。

 三菱ガス化学は、100%子会社として日本バイオ株式会社(本社:新潟県新潟市、社長:蝦名誠治。以下「日本バイオ」という。)を設立し、昨年より年産40トンのコエンザイムQ10製造設備の建設を進めておりましたが、設備の完成を控え増資を行い、これに対して日清ファルマが10%の資本参加を行いました。(引用:日経プレリリース)

 まだまだ健康食品ブームは続いてますね。ちょっと前に健康食品としても話題になったCoenzymeQ10。見た目どおり、還元されたヒドロキノンは酸化を受けやすく、活性酸素が他を酸化してしまう前に身代わりとなって酸化されます。

関連書籍

コエンザイムQ10で元気力アップ―欧米で大ブレーク!奇跡のサプリ

「コエンザイムQ10」で元気が出る、病気が治る!―からだの中から若返る驚異のサプリメント

?

?

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  2. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  3. サリドマイドを監視
  4. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  5. 相次ぐ海外化学企業の合併
  6. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジ…
  7. パラジウム価格上昇中
  8. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  2. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  3. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  4. 本当の天然物はどれ?
  5. ナノチューブを引き裂け! ~物理的な意味で~
  6. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益
  7. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  8. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】
  9. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  10. 温故知新ケミストリー:シクロプロペニルカチオンを活用した有機合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP