[スポンサーリンク]

一般的な話題

博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?

私は今年の3月に学位(博士号)を取得し博士になりました。早稲田大学では剽窃だらけの論文でも学位が与えられることが明らかになり(学位取消に当たらず)、呆れと怒りでやりようのない気持ちとなっています。少し衝撃的なタイトルをつけましたが、早稲田大学の調査委員会が会見を聞いた瞬間にこれを思い、強く抗議したいと思い筆をとりました。化学の楽しさを広めるための場でこのようなことを書くのは悩みましたが、私自信の学位取得の際の体験を交えながら、今回の「事件」についてつぶやいてみたいと思います。

学位審査はどのような流れで行われるか

私が学位を取得した専攻ではホームページに学位の申請要件などがまとめてあります。

■京化■ 京都大学・理・化 – 化学専攻博士学位申請者心得

大まかにいうと、学位審査は博士論文を提出と公聴会でのプレゼンテーションがメインであり、公聴会後にさらに校正を重ねて博士論文を製本・提出して無事終了となります。公聴会でのプレゼン時間は機関によりさまざまなようです。博士論文は公聴会前に公式に提出されている必要があり、その後は誤字・脱字のチェックやわかりにくいデータ・文章表現を正すなど細部の校正はOKですが、結論が覆るような訂正は認められません。

博士論文のスタイルは人によりけりですが、私が知る限りでは対外的に発表した論文をまとめ直す形が多いようです。内容や結論自体は事前にある程度できあがっているので、学位論文として仕上げるためには断片的な研究をひとつのストーリーにまとめることが重要になります。ですから一番気合いを入れて作る場所はGeneral Introduction(概略紹介)でした。これは「巨人の肩の上に立つ」と表現される学問において、自分が行ってきた研究の位置づけを示すための部分でもあります。小保方氏の博士論文、公開されていたものはホームページからのコピペが多かったとのことですが、私の意見としてはGeneral Introductionにオリジナリティがなければ博士論文自体書かれていないに等しいです。(分野によってはどうしても似ることはあるかも知れません。)

私の博士課程、最後の数ヶ月は博士論文に費やしました。そして最後の最後、製本でけっこうお金がかかった上、刷り上がりの文中に細かいミスを見つけてしばらく落ち込みました。(早稲田大学の会見によれば)小保方氏は草稿を製本して国会図書館に送りつけたようですが、私にはそんな大きな過ちを犯す余裕はありませんでした。

不正に学位を授与されることは何が問題なのか

「自分は頑張ったのにインチキしても学位がもらえるなんて!」といった妬み僻みの低レベルな批判ならば放っておけば問題ありませんが、そうではありません。日本で取得した学位が信用されなくなる懸念があります。

インターネットを検索すれば詳細にまとめられたサイトが見つかるようですが、早稲田大学には数万文字のコピペでも学位を取得されている方々が過去おられるようです。早稲田大学は臭いものに蓋をすれば騒ぎは収まると思われているのかも知れませんが、それはあり得ないと考えています。蓋をすれば中身を判別しようがないため、不正を行った者がほんの一部であってもすべて腐っていると思われても仕方がないでしょう。海外からは蓋をしている早稲田大学のみならず、それを放置している日本の学術界まで腐ってると見なされても不思議ではありません。論文や学会でrejectを食らったり、研究員としての受け入れを拒否されることが、日本人に対して行われるようになるかもしれません。

実態のない学位を金銭でやりとりするディプロマミルが永らく問題になっています。学位が容易にとれる大学に対する比喩として用いられることもあるようです。自然科学はそれまで誰も触れたことがない現象を明らかにするための学問であり、できるだけクリアな証拠が求められます。今後どのような処分が下ろうとも早稲田大学が実態のあいまいな博士論文に学位を授与した本件は、過去100年以上にわたる日本の科学教育と博士号の歴史を愚弄するものです。

疑わしきは通さず

疑わしい論文は通さない、というのが論文を査読する上での共通認識だと思います。化学は捏造が簡単な分野だと考えています。例えば私に回ってきた査読(多孔体)であれば、窒素吸脱着測定の際に脱着側から細孔分布を求めている場合、よくてmajor revision・たいていはrejectします。測定の原理上(多くの場合は)吸着側が実態に近いのに対し、脱着側から分析すると細孔径がキレイに揃って見えるという捏造が可能だからです。

きっと知識不足だろう、ミスだろうと大目に見て通していたようでは、その論文が引用されることにより間違った議論で汚染されてしまいます。捏造を行った研究者に学位を与えるということは、科学を汚染する行為だと考えています。

これから何をするか

以前、博士進学を勧める記事を書きましたが、やりたいことがきちんとあるならば悪い選択肢ではないという考えは変わりません。ただし、教育を受ける機関はきちんと選んだ方がいいと思います。今回の件に限らず、アカデミックの問題を目にしたり耳にする機会が多いです。その問題が事実ならばこの世界にずっといるのもどうなのかと、友人と話すことがあります。

暗いことを書きましたが、選んだこの道でおもしろい成果を出し、開拓し続けるのが研究者の仕事です。大半のまじめな研究者が一部の不届き者に足を引っ張られては困ります。税金が使われる以上、研究や教育の不正に対しては誰もが追及する権利があると考えています。何らかの方法で声を上げられればと思います。

文部科学省に関するメールでの御意見・お問合せ窓口案内:文部科学省

関連書籍

The following two tabs change content below.
GEN
国立大JK。巨視的規模での多孔性作製を得意としていますが、専門分野があいまいです。バイオロボティクス他いろいろかじっています。化学をおもしろく伝えていきたいと考えています。

関連記事

  1. アルキンから環状ポリマーをつくる
  2. 化学研究ライフハック:縦置きマルチディスプレイに挑戦!
  3. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  4. 電子雲三次元ガラス彫刻NEBULAが凄い!
  5. カルベンで挟む!
  6. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活
  7. 『ほるもん-植物ホルモン擬人化まとめ-』管理人にインタビュー!
  8. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)
  2. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  3. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  4. 2012年10大化学ニュース【前編】
  5. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  6. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾
  7. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る
  8. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授
  9. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling
  10. Pubmed, ACS検索

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP