[スポンサーリンク]


2005年 5月

  1. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城

    財団法人化学・バイオつくば財団(石坂誠一理事長)は30日、今年度の同賞受賞者2件を発表した。 受賞するのは、産業技術総合研究所(産総研)生物情報解析研究センター高橋栄夫主任研究員、バイオ産業情報化コンソーシアムの西田紀貴さん、…

  2. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発

    大阪大学の明石満教授らと理研ビタミンは30日、透明で柔らかい生分解性樹脂のフィルムを開…

  3. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売

    ◇周期表「欲しい」文部科学省が無料配布用に作った元素の周期表が人気を呼び、新たに10万枚増刷して…

  4. パラジウムが要らない鈴木カップリング反応!?

    有機合成化学の分野では、無数の触媒反応が報告されています。しかし触媒量の範囲はというと、結構あいまい…

  5. 色の変わる分子〜クロミック分子〜

     クロモトロピズムという言葉を御存知でしょうか?日本語では「可逆的変色」などと訳され、外部からの何ら…

  6. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明

  7. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都

  8. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ

  9. ダイエット食から未承認薬

  10. 豊丘出身、元島さんCMC開発

  11. IRの基礎知識

  12. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?

  13. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場

  14. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール

  15. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収

  16. 植物性油の再加熱によって毒物が発生

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!
  2. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  3. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction
  4. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  5. ノーベル博物館
  6. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明
  7. 進化する電子顕微鏡(TEM)

注目情報

最新記事

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

PAGE TOP