[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城

 財団法人化学・バイオつくば財団(石坂誠一理事長)は30日、今年度の同賞受賞者2件を発表した。

 受賞するのは、産業技術総合研究所(産総研)生物情報解析研究センター高橋栄夫主任研究員、バイオ産業情報化コンソーシアムの西田紀貴さん、味の素ライフサイエンス研究所の尾上弘美主任研究員らのグループ研究「NMRによる超高分子量系の生体分子間相互作用解析法の開発」と、産総研セルフエンジニアリング研究部門の大串始研究グループ長と物質・材料研究機構生体材料研究センターの陳国平主幹研究員の共同研究「細胞工学技術を用いた骨・軟骨再生実用化研究」(引用:毎日新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  2. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  3. 2010年日本化学会各賞発表-進歩賞-
  4. 肩こりにはラベンダーを
  5. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  6. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  7. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  8. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 基礎有機化学討論会開催中
  2. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  3. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  4. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜
  5. ブレデレック試薬 Bredereck’s Reagent
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑨:トラックボールの巻
  7. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  8. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  9. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  10. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP