[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本最大の化学物質データーベース無料公開へ

 

日本で最大の化学物質データベースが無料公開された。科学技術振興機構日本化学物質辞書(日化辞)。有機低分子化学物質の化学構造および各種名称データを収録。約200万件のデータを収録し、化学構造、物質名、俗称などから検索できる。検索結果は画面上で見ることができるほか、構造情報を一般的な化学構造フォーマットで出力できるため、分子動力学シミュレーションなどにも使えるのが特徴。

日化辞の対象物質は、水素を除く構成原子数が247以内の低分子有機化合物、組成比が確定している有機酸、無機酸の金属塩、相対的な立体構造のみ判別している化合物、ラセミ混合物など。具体的には、化審法(化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律)の既存化学物質名簿に載り官報公示された13万4000物質、労安法(労働安全衛生法)で定められ官報に公示された3万3000物質、米国保健教育福祉省発行のRTECS(毒性データリスト)に記載された化学物質や教科書、ハンドブック類に記載された化学物質などのデータが搭載されている。さらに、JSTの文献データベース収録論文の主題になった化学物質データなどが加えられている。 (引用:知財情報局)

 

日本でも有用な化学物質データベースが公開されました。といっても数ヶ月前から公開されていたようです。ChemFinderのようにChemDrawプラグインをダウンロードすれば(無料)構造式でも検索できるようです。

 

今回は、インターネットで利用できる化学物質データベースについて、国内、海外問わず有用なものをいくつか紹介しましょう。

化学物質データベース

 ChemDrawを作っている会社のデータベース。物質名、CAS-No等を入れると検索できる。構造式検索にはChem3DPruginが必要。

日本語でChemFinder、ChemExperなどの化学物質・化学薬品データベースへリンクしています。

 

化合物名データベース

 化合物名で検索。元素・化合物名を英語と日本語のどちらからでも検索できる。登録数18000個以上。

 

合成・反応データベース

有機合成反応データベースです。反応の概要図、特徴、反応機構、反応例、文献、関連反応、関連Webを知ることができます。現在282反応登録

Organic Syntheses(有機化合物の実験法を詳述したものJohn Wiley 社出版)のウェブサイトでの掲載論文の無料公開。構造式検索をするためにはChemDraw Pluginが必要。

 

▼その他

粧工連が公表している表示名称リストをデータベース化しています。また、原料メーカーのカタログなどを基に原料データベースも作成しています。

3000以上の医薬品の説明と、製薬関連企業、薬科大学等のリンク。構造式もありかなり使いやすい。

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 元素も分析する電子顕微鏡
  2. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研…
  3. 第35回安全工学シンポジウム
  4. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  5. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報
  6. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  7. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  8. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!
  2. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction
  3. アノマー効果を説明できますか?
  4. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法
  5. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  7. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  8. アルデヒドを分液操作で取り除く!
  9. メバスタチン /Mevastatin
  10. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP