[スポンサーリンク]


2017年 11月

  1. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

    N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選択的を実現でき、均質な修飾体を与える事が出来る。また、修飾に伴う高次構造への影響も少ない。加えておよそ80%のタンパク質においては、N末端が…

  2. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

    デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

  3. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

    ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

  4. 文献管理ソフトを徹底比較!

    今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

  5. 君はPHOZONを知っているか?

    唐突ですがスマホでゲームやりますか?筆者はファミコン世代ということもあり、様々なゲームをやってき…

  6. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

  7. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  8. ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

  9. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  10. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  11. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

  12. 有機合成化学協会誌2017年11月号:オープンアクセス・英文号!

  13. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017

  14. 元素検定にチャレンジせよ!

  15. ケイ素置換gem-二クロムメタン錯体の反応性と触媒作用

  16. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  2. 市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜
  3. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  4. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  5. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得
  6. 異分野交流のすゝめ
  7. 保護基のお話

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP