[スポンサーリンク]

archives

高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】

[スポンサーリンク]

結晶性高分子の分子レベルでの高次構造は物性を決める上で極めて重要なファクターです。
講師 龍谷大学 理工学部物質化学科 教授 中沖 隆彦 氏
日時 2013年6月24日(月)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん
会場地図
受講料(税込)  47,250円 ( S&T会員受講料 44,800円 )
上記価格より:(同一法人に限ります)
2名で参加の場合1名につき7,350円割引
3名以上で参加の場合1名につき10,500円割引

備考 資料・昼食付

 

 

申し込み・詳細はこちらをクリック!

1.高分子固体構造の基礎
1.1 高分子の結晶と高次構造
1.1.1 結晶、非晶、中間相
1.1.2 房状ミセル、ラメラ、球晶
1.2 結晶化度測定法
1.2.1 密度法
1.2.2 熱分析法
1.2.3 その他の方法
1.3 高分子構造分析法
1.3.1 固体高分解NMR (CP/MAS,縦緩和時間、横緩和時間)
1.3.2 赤外分光法(分子対称性)

2.応用例
2.1 ポリエチレン
2.1.1 直鎖状低密度ポリエチレンの側鎖は結晶格子に入るか?
2.1.2 固体高分解能13C NMRによる結晶―非晶間の中間相の評価
2.2 ポリエチレンテレフタレート
2.2.1 メゾフェイズの分子運動性
2.3 シンジオタクチックポリスチレン
2.3.1 結晶多形
2.3.2 ナノポア結晶の応用
2.4 アイソタクチックポリプロピレン
2.4.1 ゲルの分子構造
2.4.2 束縛溶媒はどこにあるか?
2.5 生分解性高分子ポリヒドロキシアルカノエート
2.5.1 微生物によるバイオプラスチックの生合成
2.5.2 結晶化度と水素結合
2.6 その他の高分子材料

□質疑応答・名刺交換□

申し込み・詳細はこちらをクリック!

関連記事

  1. シランカップリング剤入門【終了】
  2. トリフルオロメタンスルホン酸すず(II) : Tin(II) T…
  3. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試…
  4. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…
  5. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  6. バトフェナントロリン:Bathophenanthroline
  7. ペンタフルオロスルファニル化合物
  8. 不斉配位子

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!
  2. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  3. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  4. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds
  5. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  6. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発
  7. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される
  8. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation
  9. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  10. 【書籍】理系のための口頭発表術

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)…

ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

アカデミックハラスメントやセクシャルハラスメントは、学業やキャリアの成功に悪影響を与えます。 どんな…

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP