[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

テクノシグマのミニオイルバス MOB-200 を試してみた

[スポンサーリンク]

 

筆者は物理的に狭いラボにしか所属したことがなく、広いラボスペースには憧れを抱いています。皆様も建物の都合上、どうしても狭いラボスペースで多くの実験を回さざるを得ないこともあると思います。スペースの拡大が難しいのであれば、設備の小型化を図るのが最善の代替策となるでしょう。うちはあろうことか反応を掛けるためのスペースも僅少で、そのくせオイルバスアナログダイヤル温度表示なしでかいと三重苦状態であったため、年度更新で思い切って全とっかえを画策しました。

そこでいろいろ物色していて「おっ?」と思ったのが、株式会社テクノシグマ さんの製品ラインナップでした。「ミニサイズ理化学機器」との文字に目が止まり見てみると…ミニオイルバスがあるじゃないですか!
ちなみにテクノシグマさんと言えば低温反応装置の UCリアクターが有名かと思います。ケムステでも製品レビューを行っています。他にも一風変わった理化学機器を多数扱っていて、HP を見ているだけでも興味が尽きません。

で、そのミニオイルバスの製品カタログがコチラ。

 ミニオイルバスのカタログ画像
(テクノシグマさんよりいただきました。クリックすると製品ページに飛びます)

サイズはミニですが温度表示も昇温もデジタル制御、これは良さそう…!

思い立ったが吉日、早速デモ機を頼んでみました。デモの感想はというと「これぞ求めていたものだ!」という感じで、2週間のデモ終了時に新品を取り敢えず 3 台購入しました。以降の画像は全て購入品を写したものとなります。

実際に使ってみた

弊ラボはドラフトも1機しかないため、可能な限りの空きスペースを利用して反応装置を設置しています。取り急ぎ、僅かなスペースにミニオイルバスを2台設置してみました (写真1)。なお、冷却管は水害予防も兼ねて原則としてコンデンシンを使用しています。ミニオイルバス+コンデンシンの組み合わせはサクッと反応装置を設置するのに非常に便利ですね。

2台並べてみた。スターラーの方がでかい! (写真1)

 

正確に測れていませんがご覧の通りのミニサイズ (写真2)

 

バスの内径は約 12 cm で、300 mL のナスフラスコがジャストサイズです (写真3)。もちろんそれより小さいナスフラスコも利用できます。

 

300 mLまでのナスフラスコに対応しています (写真3)

欠点はないの?

あえて欠点を挙げるとすれば、ミニサイズ・軽量ゆえドッシリ感が少なく、スターラーの上で滑りやすいというところでしょうか。もちろん撹拌子を強力に回したぐらいではビクともしませんが、手を滑らせてうっかり倒しちゃうということがありそうですので、固定法をしっかりと考えた方が良いかもしれません。

あとは価格がそこそこします。サイズダウンしても性能は立派なのでそれに見合った価格ですが、所属機関によっては備品扱いになる価格かもしれないのがちょっと勿体無いです。もっと普及すればお手頃になるかも? ただ、自社工場での組立製品のため、値段に見合った信頼性・耐久性があり、修理対応や特注対応もしているとのこと。これはありがたいです。

うれしいポイント

バスがミニサイズということは、中に入れるオイルの量も少なくて済みます。うっかり溶液をこぼしたりしてオイル交換になった場合も体積が少なければダメージも小さいですね。シリコンオイルも消耗品なので、スペースだけではなくランニングコストの省サイズ化にも本製品が一役買ってくれると思います。

おわりに

ミニオイルバスが来てから、実験台もドラフトもだいぶスッキリしました。基本的に小スケールの反応しか掛けないようなラボでは、大は小を兼ねるということはあまりなく、むしろ小は大に勝ると言えるかもしれません。今のところ実験上の問題もなく、皆が快適に使えています。実験スペースにお悩みの先生方、ぜひ本製品を試してみてはいかがでしょうか。

ちなみにテクノシグマさんからはミニエバポという製品も出ていて、今回は予算の都合上購入を見送りましたが、同じく省スペース化を図る上で非常に魅力的でした。いつか4連タイプを設置したいです。

問い合わせ先

ミニオイルバス MOB-200 はデモに対応しています。お問い合わせはテクノシグマさんへお願いします。

お問い合わせ先:
株式会社 テクノシグマ
〒701-2141 岡山市北区牟佐874-5

TEL: 086-229-9521
FAX: 086-229-9522
E-mail: info@techno-sigma.co.jp

http://www.techno-sigma.co.jp/

関連記事

UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!
光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた (テクノシグマ社 LED PER-AMP の紹介あり)

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応
  2. UV-Visスペクトルの楽しみ方
  3. 日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング
  4. 紫外線に迅速応答するフォトクロミック分子
  5. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!
  6. 電気化学の力で有機色素を自在に塗布する!
  7. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”
  8. 三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling
  2. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  3. ノーベル博物館
  4. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  5. 下嶋 敦 Shimojima Atsushi
  6. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解
  7. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価
  8. 芳香環シラノール
  9. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  10. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第446回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

小山 靖人 Yasuhito Koyama

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP