[スポンサーリンク]

archives

ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

[スポンサーリンク]

T1570.gif


Leadbeaterらは,ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成を報告しています。それによれば,CsF触媒の存在下,ワインレブアミドをTMSCF3と反応させることにより,シリル化された中間体が生成し,これをTBAFで処理することによりアミノ置換基が脱離し,目的のトリフルオロメチルケトンが得られます。この反応は幅広く適用でき,トリフルオロメチル基が過剰付加する心配がないため,有用なトリフルオロメチルケトン類の合成法と言えます。

D. M. Rudzinski, C. B. Kelly, N. E. Leadbeater, Chem. Commun. 2012, 48, 9610.

各種アルキル基置換ワインレブアミド合成の情報についてはこちらを参照ください。
>> ワインレブアミド合成試薬

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します…
  2. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(…
  3. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  4. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  5. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…
  6. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  7. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  8. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ナイトレン
  2. 香りの化学2
  3. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  4. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授
  5. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析
  6. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加
  7. 第二回ケムステVシンポ「光化学へようこそ!」開催報告
  8. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「生活環境化学の部屋」本間先生
  9. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  10. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-前編

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

そろそろケムステVシンポも開始しますが、その前にもう一度Vプレレクのお知らせです。3月末に第…

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP