[スポンサーリンク]

archives

ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

T1570.gif


Leadbeaterらは,ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成を報告しています。それによれば,CsF触媒の存在下,ワインレブアミドをTMSCF3と反応させることにより,シリル化された中間体が生成し,これをTBAFで処理することによりアミノ置換基が脱離し,目的のトリフルオロメチルケトンが得られます。この反応は幅広く適用でき,トリフルオロメチル基が過剰付加する心配がないため,有用なトリフルオロメチルケトン類の合成法と言えます。

D. M. Rudzinski, C. B. Kelly, N. E. Leadbeater, Chem. Commun. 2012, 48, 9610.

各種アルキル基置換ワインレブアミド合成の情報についてはこちらを参照ください。
>> ワインレブアミド合成試薬

関連記事

  1. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  2. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  3. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…
  4. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  5. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  6. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  7. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  8. π-アリルパラジウム錯体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 計算化学:基底関数って何?
  2. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination
  3. 【書籍】天然物合成で活躍した反応:ケムステ特典も!
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  5. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  6. 駅トイレ光触媒で消臭
  7. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  8. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  9. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  10. 科学予算はイギリスでも「仕分け対象」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP