[スポンサーリンク]

archives

ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

T1570.gif


Leadbeaterらは,ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成を報告しています。それによれば,CsF触媒の存在下,ワインレブアミドをTMSCF3と反応させることにより,シリル化された中間体が生成し,これをTBAFで処理することによりアミノ置換基が脱離し,目的のトリフルオロメチルケトンが得られます。この反応は幅広く適用でき,トリフルオロメチル基が過剰付加する心配がないため,有用なトリフルオロメチルケトン類の合成法と言えます。

D. M. Rudzinski, C. B. Kelly, N. E. Leadbeater, Chem. Commun. 2012, 48, 9610.

各種アルキル基置換ワインレブアミド合成の情報についてはこちらを参照ください。
>> ワインレブアミド合成試薬

関連記事

  1. 不斉配位子
  2. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…
  3. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  4. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  5. ボロン酸を用いた2-イソシアノビフェニルの酸化的環化反応によるフ…
  6. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  7. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…
  8. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimet…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プロワイプ:実験室を安価できれいに!
  2. Ns基とNos基とDNs基
  3. 有機機能材料 基礎から応用まで
  4. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  5. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  6. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  7. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  8. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
  9. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内
  10. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP