[スポンサーリンク]

archives

ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

T1570.gif


Leadbeaterらは,ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成を報告しています。それによれば,CsF触媒の存在下,ワインレブアミドをTMSCF3と反応させることにより,シリル化された中間体が生成し,これをTBAFで処理することによりアミノ置換基が脱離し,目的のトリフルオロメチルケトンが得られます。この反応は幅広く適用でき,トリフルオロメチル基が過剰付加する心配がないため,有用なトリフルオロメチルケトン類の合成法と言えます。

D. M. Rudzinski, C. B. Kelly, N. E. Leadbeater, Chem. Commun. 2012, 48, 9610.

各種アルキル基置換ワインレブアミド合成の情報についてはこちらを参照ください。
>> ワインレブアミド合成試薬

関連記事

  1. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…
  2. トルキセン : Truxene
  3. π-アリルパラジウム錯体
  4. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N…
  5. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色…
  6. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  7. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  8. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  2. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
  3. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis
  4. 専門用語豊富なシソーラス付き辞書!JAICI Science Dictionary
  5. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  6. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization
  7. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  8. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  9. リベロマイシンA /Reveromycin A
  10. MOFはイオンのふるい~リチウム-硫黄電池への応用事例~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP