[スポンサーリンク]

archives

ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成

[スポンサーリンク]

T1570.gif


Leadbeaterらは,ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成を報告しています。それによれば,CsF触媒の存在下,ワインレブアミドをTMSCF3と反応させることにより,シリル化された中間体が生成し,これをTBAFで処理することによりアミノ置換基が脱離し,目的のトリフルオロメチルケトンが得られます。この反応は幅広く適用でき,トリフルオロメチル基が過剰付加する心配がないため,有用なトリフルオロメチルケトン類の合成法と言えます。

D. M. Rudzinski, C. B. Kelly, N. E. Leadbeater, Chem. Commun. 2012, 48, 9610.

各種アルキル基置換ワインレブアミド合成の情報についてはこちらを参照ください。
>> ワインレブアミド合成試薬

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 2023年から始めるマテリアルズ・インフォマティクスの進め方 〜…
  2. 金属・ガラス・製紙・化学・土石製品業界の脱炭素化 〜合成、焼成、…
  3. 産学それぞれの立場におけるマテリアルズ・インフォマティクス技術活…
  4. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試…
  5. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  6. 有機合成化学協会誌2020年12月号:2H-アジリン・配糖体天然…
  7. 「mihub」を活用したマテリアルズインフォマティクスの実践 -…
  8. 【技術者・事業担当者向け】 マイクロ波による化学プロセス革新 〜…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  2. やっぱりリンが好き
  3. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  4. 有機テルル媒介リビングラジカル重合 Organotellurium-mediated Living Radical Polymerization (TERP)
  5. マスクの効果を実験的に証明した動画がYoutubeに公開
  6. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  7. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  8. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  9. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  10. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2013年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP