[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポン、高機能化学部門を分離へ

 時価総額で米最大の化学品メーカー、デュポンは24日、調理器具のコーティングに使われる素材や冷媒などを生産する高機能化学部門をスピンオフ(分離・独立)すると発表した。株主価値を高めるため収益性のより高い事業に経営資源を集中する取り組みの一環。(引用:サンケイビズ)

現在3年連続で”世界で最も革新的な会社”として選ばれている米・デュポン。世界第三位の化学会社であり、フッ素樹脂「テフロン」や芳香族系ポリアミド樹脂「ケプラー」などで名だたる化学製品を輩出している。

「テフロン」や二酸化チタンの製造などで未だに同社の売上高の20%、営業利益の29%ほどを高機能化学製品であげているが、実は最大事業は農薬部門。急成長の農薬部門に集中し、高機能化学部門部門をスピンオフするという「選択と集中」策は成功するか?

 

  • 外部リンク

デュポン – Wikipedia

米デュポン、高機能化学品部門を売却の可能性| Reuters

 

  • 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  2. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  3. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  4. 114番元素と116番元素が正式認可される
  5. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  6. カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される
  7. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  8. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-
  2. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  3. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  4. English for Writing Research Papers
  5. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  6. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体
  7. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラート:Triphenyl-2,6-xylylbismuthonium Tetrafluoroborate
  8. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  9. 持田製薬、創薬研究所を新設
  10. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP