[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米デュポン、高機能化学部門を分離へ

[スポンサーリンク]

 時価総額で米最大の化学品メーカー、デュポンは24日、調理器具のコーティングに使われる素材や冷媒などを生産する高機能化学部門をスピンオフ(分離・独立)すると発表した。株主価値を高めるため収益性のより高い事業に経営資源を集中する取り組みの一環。(引用:サンケイビズ)

現在3年連続で”世界で最も革新的な会社”として選ばれている米・デュポン。世界第三位の化学会社であり、フッ素樹脂「テフロン」や芳香族系ポリアミド樹脂「ケプラー」などで名だたる化学製品を輩出している。

「テフロン」や二酸化チタンの製造などで未だに同社の売上高の20%、営業利益の29%ほどを高機能化学製品であげているが、実は最大事業は農薬部門。急成長の農薬部門に集中し、高機能化学部門部門をスピンオフするという「選択と集中」策は成功するか?

 

  • 外部リンク

デュポン – Wikipedia

米デュポン、高機能化学品部門を売却の可能性| Reuters

 

  • 関連書籍

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱…
  2. 有機ELディスプレイ材料市場について調査結果を発表
  3. サリドマイドを監視
  4. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」…
  5. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  6. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のも…
  7. 毒を持ったタコにご注意を
  8. 化学グランプリ 参加者を募集

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  2. エナンチオ選択的ジフルオロアルキルブロミド合成
  3. もし新元素に命名することになったら
  4. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授
  5. 千田憲孝 Noritaka Chida
  6. アルゴン (argon; Ar)
  7. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合
  8. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  9. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS
  10. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(pentafluorophenyl)borane

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP