[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【日産化学 22卒/YouTube配信!】START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

[スポンサーリンク]

3日間で11部門の研究職社員の話が聞ける、研究好きのためのキャリアイベント

今年も、日産化学の全研究領域を公開するイベントが開催決定しました!
このイベントは、今年で5回目。「化学に携わる研究職を志すなら、参加する価値がある!」と、学生さんの間では大変有名で、昨年までは東京・大阪で開催し、全国から約1400名の学生さんが参加していました。

今年は「オンラインで全て見せます!」ということで、12月21日(月)~23日(水)の3日間日産化学が持つ研究開発の全てをYouTube配信します。11部門の研究職社員がこの3日間に集合し、研究職社員自ら研究や日産化学について語ります。

日産化学は、日本初の化学肥料を生み出して以来、次々と世の中にない技術、製品を生み出し、業界トップクラスの利益率を誇ります。新たな価値を生み出す原動力を「研究開発」と位置づけており、数ある化学メーカーの中で、売上高研究開発費比率はNo,1!*日経225 選定銘柄(化学・繊維)22社より

本イベントでは3日間を通じて、合成、生物評価、分析、材料開発など様々な分野の研究職社員がプレゼンテーションを行い、それぞれのミッションや研究内容、これまでの経験、キャリア等について語ります。参加していただく学生さんには、最先端の研究内容を知っていただくのはもちろん、社員の研究に対する考え方や取り組み姿勢を通じて、日産化学がどんな会社なのか?どんな先輩社員がいるのか知るとともに、日産化学の雰囲気をぜひ感じ取ってもらいたいと考えています。

興味ある研究分野についての理解を深めたり、考えてもいなかった研究領域に触れ、やりたいと思える仕事を発見するなど、進路選択に役立つエッセンスが凝縮された3日間。研究職を目指す方には、参加必須ともいえるイベントです!

□概要

【日程】2020年12月21日(月)・22日(火)・23日(水)
【開催方法】YouTubeによるライブ配信

※ご参加にあたって事前予約が必須となります。以下、「参加方法について」をご確認ください。

□内容

研究職限定のキャリアイベントとして、マニアックな部分も含めて理解した上で将来の第一歩を踏み出してほしいという思いから、3日間を11のプログラムに分けて、全研究領域を紹介します。それぞれの研究領域ならではの仕事の醍醐味をお伝えします。

また日産化学からの一方的な情報提供にとどまらず、学生のみなさんの疑問や不安を解消できるように、各研究領域ごとに皆さんからの質問の時間をたっぷり取らせていただきます。オンライン上ではありますが、研究職社員に直接質問ができますので、ご自身の将来を考えるにあたって、ぜひこの機会をご活用ください。

□参加部門(全11領域)

●化学系
機能性材料/機能性材料(無機系)/物質解析/計算科学
医薬/合成プロセス/農薬/農薬製剤
●生物系
医薬/安全性評価/農薬

※上記部門紹介の他、人事セッションを1日2回設けています。人事セッションでは、日産化学からの会社説明等は行わず、主に皆さまからのご質問にお答えする時間とさせていただきます。会社概要説明や選考プロセス等については、事前に日産化学採用情報サイト<マイページ>に情報を掲載いたしますので、ご確認の上ご参加ください。

□参加方法について

現在、イベントの特設WEBサイトを公開しています。

https://www.nissanchem.co.jp/saiyo/chemi-story/index.html

特設WEBサイトからエントリーの上、事前に参加予約をしてください。

ケムステでは毎年このイベントをご紹介していますが、今年はYouTubeによるオンライン開催により、誰でも気軽に参加することが可能となりました。各研究領域の仕事について、第一線で活躍する研究職社員から直接話が聞ける大変貴重な場です。日産化学に興味がある方はもちろん、化学に携わる研究職を目指す方には絶好の機会となるでしょう。開催が迫っていますので、ご予約はお早めに!

日産化学に関するケムステ記事

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. START your chemi-storyー日産化学工業会社説…
  2. ノーベル化学賞メダルと科学者の仕事
  3. 無保護糖を原料とするシアル酸誘導体の触媒的合成
  4. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  5. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  6. 【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー…
  7. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成
  8. 分子があつまる力を利用したオリゴマーのプログラム合成法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 私が思う化学史上最大の成果-2
  2. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?
  3. 日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム
  4. NMR管
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  6. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見
  7. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  8. 金触媒で変身できるEpoc保護基の開発
  9. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  10. グローブボックスあるある

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成

第409回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 材料系 原・鎌田研究室に在籍されて…

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

皆さん、尿酸値は気にしてますか? ご存知の通り、ビールやお肉に豊富に含まれるプリ…

第173回―「新たな蛍光色素が実現する生細胞イメージングと治療法」Marina Kuimova准教授

第173回の海外化学者インタビューは、マリナ・クイモヴァ准教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドン…

Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP