[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【日産化学 22卒/YouTube配信!】START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

[スポンサーリンク]

3日間で11部門の研究職社員の話が聞ける、研究好きのためのキャリアイベント

今年も、日産化学の全研究領域を公開するイベントが開催決定しました!
このイベントは、今年で5回目。「化学に携わる研究職を志すなら、参加する価値がある!」と、学生さんの間では大変有名で、昨年までは東京・大阪で開催し、全国から約1400名の学生さんが参加していました。

今年は「オンラインで全て見せます!」ということで、12月21日(月)~23日(水)の3日間日産化学が持つ研究開発の全てをYouTube配信します。11部門の研究職社員がこの3日間に集合し、研究職社員自ら研究や日産化学について語ります。

日産化学は、日本初の化学肥料を生み出して以来、次々と世の中にない技術、製品を生み出し、業界トップクラスの利益率を誇ります。新たな価値を生み出す原動力を「研究開発」と位置づけており、数ある化学メーカーの中で、売上高研究開発費比率はNo,1!*日経225 選定銘柄(化学・繊維)22社より

本イベントでは3日間を通じて、合成、生物評価、分析、材料開発など様々な分野の研究職社員がプレゼンテーションを行い、それぞれのミッションや研究内容、これまでの経験、キャリア等について語ります。参加していただく学生さんには、最先端の研究内容を知っていただくのはもちろん、社員の研究に対する考え方や取り組み姿勢を通じて、日産化学がどんな会社なのか?どんな先輩社員がいるのか知るとともに、日産化学の雰囲気をぜひ感じ取ってもらいたいと考えています。

興味ある研究分野についての理解を深めたり、考えてもいなかった研究領域に触れ、やりたいと思える仕事を発見するなど、進路選択に役立つエッセンスが凝縮された3日間。研究職を目指す方には、参加必須ともいえるイベントです!

□概要

【日程】2020年12月21日(月)・22日(火)・23日(水)
【開催方法】YouTubeによるライブ配信

※ご参加にあたって事前予約が必須となります。以下、「参加方法について」をご確認ください。

□内容

研究職限定のキャリアイベントとして、マニアックな部分も含めて理解した上で将来の第一歩を踏み出してほしいという思いから、3日間を11のプログラムに分けて、全研究領域を紹介します。それぞれの研究領域ならではの仕事の醍醐味をお伝えします。

また日産化学からの一方的な情報提供にとどまらず、学生のみなさんの疑問や不安を解消できるように、各研究領域ごとに皆さんからの質問の時間をたっぷり取らせていただきます。オンライン上ではありますが、研究職社員に直接質問ができますので、ご自身の将来を考えるにあたって、ぜひこの機会をご活用ください。

□参加部門(全11領域)

●化学系
機能性材料/機能性材料(無機系)/物質解析/計算科学
医薬/合成プロセス/農薬/農薬製剤
●生物系
医薬/安全性評価/農薬

※上記部門紹介の他、人事セッションを1日2回設けています。人事セッションでは、日産化学からの会社説明等は行わず、主に皆さまからのご質問にお答えする時間とさせていただきます。会社概要説明や選考プロセス等については、事前に日産化学採用情報サイト<マイページ>に情報を掲載いたしますので、ご確認の上ご参加ください。

□参加方法について

現在、イベントの特設WEBサイトを公開しています。

https://www.nissanchem.co.jp/saiyo/chemi-story/index.html

特設WEBサイトからエントリーの上、事前に参加予約をしてください。

ケムステでは毎年このイベントをご紹介していますが、今年はYouTubeによるオンライン開催により、誰でも気軽に参加することが可能となりました。各研究領域の仕事について、第一線で活躍する研究職社員から直接話が聞ける大変貴重な場です。日産化学に興味がある方はもちろん、化学に携わる研究職を目指す方には絶好の機会となるでしょう。開催が迫っていますので、ご予約はお早めに!

日産化学に関するケムステ記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成
  2. 孫悟飯のお仕事は?
  3. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  4. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編
  5. 反芳香族化合物を積層させ三次元的な芳香族性を発現
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)…
  7. 話題のAlphaFold2を使ってみた
  8. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較
  2. 有用なりん化合物
  3. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より
  4. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  5. リガンド革命
  6. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラート:Triphenyl-2,6-xylylbismuthonium Tetrafluoroborate
  7. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  8. 日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~
  9. 有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号
  10. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP