[スポンサーリンク]

archives

メルクがケムステVシンポに協賛しました

[スポンサーリンク]

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセージをいただいています。

現在、既に第5回目のVシンポのテーマ・講演者および日程は決まっており、そろそろ会告記事を出せると思います。第6回、第7回に関してもスタッフ間や学協会と連携も考慮して話し合いを続けているところです。

本気で取り組んでいるVシンポ。しかし、以前も述べましたが、恒常的に続けていける仕組みを早急につくる必要があります。

そのような取り組みに、東京化成工業(TCI)に第一号として賛同いただきましたこと、以前のお知らせでお伝えいたしました。

この度、第二号として、メルクに協賛をいただきましたのでお知らせいたします。

メルク社ご賛同の経緯

とくに声掛けはしていないのですが、メルク(シグマアルドリッチジャパン)はTCIと同様に長年ケムステのスポンサーとして、活動を応援していただていた経緯があります。

実際に第一回目ケムステVシンポに自主的に複数名の社員が参加されていたということで、賛同したいというご連絡を受けました。ウェビナーにもかなり以前から積極的に取り組んできた同社において、日本国内で化学を盛り上げる活動であるこの企画に賛同していただくのは非常にスムーズでした。協賛この場を借りて心より御礼申し上げます。

まずは、第四回目からサポートいただいて、予算が確保できたら続けてサポートいただくというご連絡を受けております。上述したようにウェビナーなど豊富な動画コンテンツを有しているため、そのようなところでのコラボレーションも思考実験をしているところです。

今後、告知記事やメッセージ等に協賛企業のご案内が多少はいるところがあると思いますが、本Vシンポを定期的・長期的に無料で配信を行っていくために必須であるため、皆様ご理解いただき、協賛企業も含めて応援していただければと思います

協賛のお知らせと、今後の本シンポジウムの方針でした。まだまだ協賛やコラボ企画など募集しておりますので、興味がある方はぜひご連絡ください。

メルクについて

メルク株式会社は、ドイツ・メルク本社製品の輸入・販売を主な目的とする日本法人として1968年に設立されました。

現在、日本におけるメルクグループは、液晶材料やパール顔料、IC材料や次世代エネルギー分野を支える新規材料を提供するパフォーマンスマテリアルズ・ビジネス、バイオサイエンス基礎研究から創薬、医薬品製造等のライフサイエンス分野に関わる製品・サービスを手がけるライフサイエンス・ビジネス、バイオ医薬品を中心としたヘルスケア・ビジネスを展開しています。

2017年1月より、日本国内におけるパフォーマンスマテリアルズに関連する全事業活動をメルクパフォーマンスマテリアルズ株式会社に統一。メルク株式会社はライフサイエンス・ビジネスおよびグループの管理部門を担っています。医薬品の研究開発から製造、診断まで、メルクは世界中のサイエンスコミュニティと協力しながらライフサイエンスにおけるさまざまな課題の解決に取り組んでいます。メルクの製品は、研究室の純水・超純水装置システムや、薬剤を製造するための遺伝子編集ツール、抗体、細胞株、エンドツーエンドのシステムなど30万点におよびます。有望な研究をより迅速かつ安全に実現するため、学術界、バイオテクロノジー業界、製薬業界のお客様と密に協力しています。そのなかでの化学部門のブランドがシグマアルドリッチになります。(メルクHPより抜粋・改変)。

関連記事

ケムステVシンポ動画

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応
  2. 虫歯とフッ素のお話② ~歯磨き粉のフッ素~
  3. 中国へ講演旅行へいってきました①
  4. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム
  5. 化学のうた
  6. 連続アズレン含有グラフェンナノリボンの精密合成
  7. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  8. うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ウギ反応 Ugi Reaction
  2. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授
  3. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました
  4. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  5. ご注文は海外大学院ですか?〜準備編〜
  6. 役に立たない「アートとしての科学」
  7. アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて
  8. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trifluoromethanesulfonate
  9. 有機合成化学協会誌2021年9月号:ストリゴラクトン・アミド修飾アリル化剤・液相電解自動合成・ビフェニレン・含窒素複素環
  10. 有機合成化学協会誌2021年5月号:『有機合成のブレークスルー』合成反応の選択性制御によるブレークスルー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP