[スポンサーリンク]

一般的な話題

サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生

[スポンサーリンク]

本間善夫先生からの紹介もいただいたため、サイエンスアゴラ出展の魅力を、日本蛋白質構造データバンク(PDBj)の工藤高裕先生にインタビューしました。来月11月9日・10日が待ち遠しくてわくわくしています。ケムステも参戦するサイエンスアゴラ2013開催の日です。当日の「ここがおもしろい!」をより詳しく発信します。

サイエンスアゴラとは、科学と社会をつなぐ科学コミュニケーション実践のための広場として、科学技術を活用してよりよい社会の実現を目指すイベントです。科学技術振興機構が主催になって開かれます。科学のお祭りです。今年2013年はケムステも参戦します(ケムステ記事「ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013」参照)。サイエンスアゴラでは、さまざまな人たちが集まって、科学を考え、語り合う「ひろば」となることを目指しています。開催方針には「伝えるとともにつくるへ広げる」という言葉がかかげられています。参加団体どうしのつながりをつくることを目的に、ケムステではインタビューをすることにしました。今回は2回目です。

2013agorapdbj1.png

 

そこで、サイエンスアゴラに参加の、日本蛋白質構造データバンク(PDBj)の工藤高裕先生に、インタビューをお願いしました。そして、ありがたいことに、ご快諾いただきました。たいへん感謝しています。ケムステ読者のみなさまにも、PDBjのウェブサイトでタンパク質をグリグリ動かして遊んだ経験があるという方が、きっと多いと思います。研究でよく利用しているという人もいるでしょう。では、工藤先生のお話をどうぞ!

 

どういう団体ですか?

生き物には生き物を特徴づけるような高分子(生体高分子)がたくさん見られます。そのような分子1つの詳細な「かたち」が分かると、その分子の機能解明につながったり、その分子に何らかの働きかけをする「くすり」の開発に役立ったりします。私たちPDBjProtein Data Bank Japan日本蛋白質構造データバンク)は、wwPDB(worldwide Protein Data Bank、国際蛋白質構造データバンク)という国際的な組織の下、米国RCSB PDB、英国PDBeなどと協力して生体高分子の「かたち」情報を集め、インターネット上で世界中の方に無償で提供する活動を行っています。

「データ」・「分子」という直接目に見えないものを扱う私たちの活動はなかなか一般には理解されにくい一面があるかもしれませんが、少しでも活動内容を知っていただき、興味を持っていただく一助となればと思い、昨年2012年に初めてサイエンスアゴラに出展させて頂きました。今年は昨年に続き2年目の出展となります。

会場では何が見どころですか?

昨年は立体視を使って視覚的に「分子」というものを体感していただく展示を行いましたが、実際触ることのできるものも併用できればより効果的かと考え、今年は北陸先端大の川上先生より分子の3Dモデルを拝借し、併せて出展することを考えています。みてさわって、何かちょっとでも「分子」という得体の知れなさそうなものに興味・関心を持っていただけたら幸いです。

ケムステについて思っていることや気になることがあればひとつお話しください。

時々ネット検索でケムステさんに行き当たることがあり、気にはなっておりました。私たちは特に非専門の方々への情報発信がまだまだ足らないと感じています。特にそういった面で参考にさせていただくと共に、こちらでできることがあればご協力させていただこうと思います。今後ともよろしくお願いします。

サイエンスアゴラで気になる団体を他にひとつ教えてください。

相互紹介のような形になってしまいますが、私たちを挙げていただきました日本コンピュータ化学会さんでしょうか。こちらの本間善夫先生の積極的な情報発信力と「生活環境化学の部屋」等の豊富なコンテンツには常々脱帽しており、今年はどんな出展をされるのか楽しみです。
もうひとつあげるとすれば、目にとまった出展のひとつ『うご図』アウトリーチプロジェクトさん(Aa-066)です。私たちPDBjが提供している分子構造データは、分子のある瞬間の「かたち」をとらえた「静的な」情報です。この情報だけでは実際の分子を知ったことにはなりません。なぜなら分子は目まぐるしく動き回って働く「動的な」ものだからです。しかしそれを伝えるコンテンツをどのようにして作るのかはなかなか難しいところで、何かいい方法がないか模索しています。何か参考になることがないか、出展を拝見するのを楽しみにしています。

文章:工藤高裕さん / 文字の色つけ等の整形:ケムステスタッフ

工藤先生、インタビューに、ご回答いただき、ありがとうございました。当日は、よろしくお願いします。

サイエンスアゴラ、おもしろそうでしょう。当日は、ケムステと両ブースに、化学好きならばゴーですよ。ご来訪、お待ちしています。

 

参考ウェブサイト

[1] 日本蛋白質構造データバンク – PDB Japan – PDBj (http://pdbj.org/)
[2] サイエンスアゴラAa-041たんぱく質のかたちを調べると何がわかるの?(http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/2693278339.html)

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. お”カネ”持ちな会社たち-1
  2. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  3. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応
  4. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  5. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐…
  6. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)
  7. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  8. 鬼は大学のどこにいるの?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人工DNAを複製可能な生物ができた!
  2. 専門用語豊富なシソーラス付き辞書!JAICI Science Dictionary
  3. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  4. ヘリウム (helium; He)
  5. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  6. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  7. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製
  8. 2017年ケムステ人気記事ランキング
  9. ステープルペプチド Stapled Peptide
  10. 科学ボランティアは縁の下の力持ち

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP