[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

とにかく見やすい!論文チェックアプリの新定番『Researcher』

[スポンサーリンク]

昨今、学術ジャーナルがどんどん乱立しており、もはや全ての論文を追うことは不可能になっています。そんな状況に少しでも楽に対応出来るようなツールを、ケムステでは以前から紹介してきました(末尾の関連記事参照)。

今回は最近登場した新しいアプリ、『Researcher』をご紹介したいと思います。

どんなアプリなの?

新着論文チェック用途に特化したアプリです。

各種SNSアカウントと紐付けてサインアップすれば無料で使えます。またマルチデバイス対応なので、スマホ片手にサクッと新着論文をチェックできます。気になったところをワンタップでブックマークしておけば、あとでまとめてチェックすることもできます。UIは英語のみですが、研究者向けアプリなので大きな問題ではないでしょう。

利点

情報量が必要十分で見やすい

以前紹介したRSSリーダーを使う論文チェック法よりも、論文チェックを念頭に置いた情報が厳選されており、レイアウトも見やすくなっています。大まかな公開日を表示してくれるのも地味ですがプラスポイント。

論文1エントリあたりの情報

分野のトレンドを追える

炎アイコンのメニューをクリックすると、分野ごとに注目されている論文が表示されます。各分野のプルダウンメニューから、より細かいカテゴリにフィルタリングして閲覧することも出来ます。個人的意見ですが、表示数が各細目ごとに10個程度であり、多すぎないのが良いと思えます。

各論文ごとに紐付いたオススメ論文が表示される

これも、サジェスト数が多すぎないのが良いと思えます。沢山オススメされたところで全部は読めないですし、読んだ先からおすすめされるので、精度さえ良ければこのアプリの仕様(3つぐらい)が丁度いいとも思えます。

ただアルゴリズムの都合でしょうか、同論文のプレプリント版も紐付いて表示されてきます。その分サジェストされる枠が埋まってしまう問題があるので、やはり4~5つぐらいあっても良いかもしれませんね(苦笑)。オプションで変更可能にしてくれないかな。

キーワードでフィルタリングできる

個人的にはこれが一番気に入っている機能です。

昨今は論文誌が多すぎるので、興味ある研究をピックアップしていくだけで膨大な時間が取られます。また総合科学ジャーナルにもなるとカバーされる分野も広大であり、RSSリーダーで眼に入る大半の論文が興味の無い研究だったりします。

Researcherを使えば、キーワードフィルタリングをかけたうえで、ジャーナル横断式に新着論文チェックができます。

たとえば下のように「Bioconjugation」と設定しておけば、複数のジャーナルからBioconjugationに関する論文だけ抜粋して表示されます。複数のキーワードを登録しておけば精度も上がり、より自分好みに使えると思います。

論文用途に一元化されたブックマーク

いわゆる「あとで読む」アプリ(Pocketなど)に情報を集約していると、普段使いの情報もどんどん放り込んでしまう都合、求める情報を見つけ出すのが大変になったり、溜まった情報量に萎えがちです。

Researcherで論文特化型のブックマークスペースを作っておけば、再確認に抵抗を感じることが減ってくるように思います。継続こそが力なりなので、論文チェックの心理ハードルは少しでも下げておきたいところですね。

欠点

全てのジャーナルがカバーされている訳ではない

特にマイナージャーナルは検索によって出てこないことがたびたびあります。ただほとんどの主要ジャーナルはカバーされている印象ですので、普段使いには問題無いレベルだと思います。

既読エントリが排除されない

短期間に複数回チェックすると、同じ論文を何度も目にすることになります。また新着エントリが消えないので、少し前の論文まで遡るのは大変です。そういう点や見逃しなどが気になるなら、やはりFeedlyなどを併用しておくのが良いと思います。

動作が重い・少しバグがある

特にヒット件数が多い場合は、表示に時間が掛かる印象です。巧みなキーワードフィルタリングによって表示論文数を減らすことが快適に使うコツに思います。またアクセスタイミングによってはトラブルで表示されないバグがあるようなので、これは改善を期待します。

まとめ

いくつかイマイチな点も記したものの、総合的に見てかなりいい感じのアプリです。新着論文チェック機能のみに特化したうえで余計な機能を全てとっぱらい、シンプルな表示に徹底されています。まさに『新着論文チェックの新定番』といえるアプリで、情報爆発に追われ日々ストレスの溜まる研究者にとっても、大きな助けになるでしょう。

一方で、公開からまだ1年ぐらいでもあるので、安定性や表示速度などの面で行き届いてないところはありそうです。今後ともの改善を待ちましょう。ともあれ百聞は一見にしかず、登録自体はすぐ出来るので、一度試して見てはいかがでしょうか!?

関連動画

ケムステ関連記事

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~
  2. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました
  3. 芳香族トリフラートからアリールラジカルを生成する
  4. 分取薄層クロマトグラフィー PTLC (Preparative …
  5. 最終面接で内定をもらう人の共通点について考えてみた
  6. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III
  7. マスクをいくつか試してみた
  8. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  3. 有機反応を俯瞰する ー縮合反応
  4. なぜ電子が非局在化すると安定化するの?【化学者だって数学するっつーの!: 井戸型ポテンシャルと曲率】
  5. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  6. 天野 浩 Hiroshi Amano
  7. 森謙治 Kenji Mori
  8. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  9. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  10. エリック・ベッツィグ Eric Betzig

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントでは、環境/化学分野の事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波をご紹介…

医療用酸素と工業用酸素の違い

 スズキは29日、インドにある3工場の生産を一時停止すると明らかにした。インドでは新型コロナウイルス…

世界初のジアゾフリーキラル銀カルベン発生法の開発と活性化されていないベンゼノイドの脱芳香族化反応への応用

第310回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 (根本研究室)・伊藤 翼さんにお願い…

キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

Tshozoです。本件先日掲載されたこちらのArticleの追っかけでネタ色が強いですが書いてみるこ…

Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

In multistep continuous flow chemistry, studying c…

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP