[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

とにかく見やすい!論文チェックアプリの新定番『Researcher』

[スポンサーリンク]

昨今、学術ジャーナルがどんどん乱立しており、もはや全ての論文を追うことは不可能になっています。そんな状況に少しでも楽に対応出来るようなツールを、ケムステでは以前から紹介してきました(末尾の関連記事参照)。

今回は最近登場した新しいアプリ、『Researcher』をご紹介したいと思います。

どんなアプリなの?

新着論文チェック用途に特化したアプリです。

各種SNSアカウントと紐付けてサインアップすれば無料で使えます。またマルチデバイス対応なので、スマホ片手にサクッと新着論文をチェックできます。気になったところをワンタップでブックマークしておけば、あとでまとめてチェックすることもできます。UIは英語のみですが、研究者向けアプリなので大きな問題ではないでしょう。

利点

情報量が必要十分で見やすい

以前紹介したRSSリーダーを使う論文チェック法よりも、論文チェックを念頭に置いた情報が厳選されており、レイアウトも見やすくなっています。大まかな公開日を表示してくれるのも地味ですがプラスポイント。

論文1エントリあたりの情報

分野のトレンドを追える

炎アイコンのメニューをクリックすると、分野ごとに注目されている論文が表示されます。各分野のプルダウンメニューから、より細かいカテゴリにフィルタリングして閲覧することも出来ます。個人的意見ですが、表示数が各細目ごとに10個程度であり、多すぎないのが良いと思えます。

各論文ごとに紐付いたオススメ論文が表示される

これも、サジェスト数が多すぎないのが良いと思えます。沢山オススメされたところで全部は読めないですし、読んだ先からおすすめされるので、精度さえ良ければこのアプリの仕様(3つぐらい)が丁度いいとも思えます。

ただアルゴリズムの都合でしょうか、同論文のプレプリント版も紐付いて表示されてきます。その分サジェストされる枠が埋まってしまう問題があるので、やはり4~5つぐらいあっても良いかもしれませんね(苦笑)。オプションで変更可能にしてくれないかな。

キーワードでフィルタリングできる

個人的にはこれが一番気に入っている機能です。

昨今は論文誌が多すぎるので、興味ある研究をピックアップしていくだけで膨大な時間が取られます。また総合科学ジャーナルにもなるとカバーされる分野も広大であり、RSSリーダーで眼に入る大半の論文が興味の無い研究だったりします。

Researcherを使えば、キーワードフィルタリングをかけたうえで、ジャーナル横断式に新着論文チェックができます。

たとえば下のように「Bioconjugation」と設定しておけば、複数のジャーナルからBioconjugationに関する論文だけ抜粋して表示されます。複数のキーワードを登録しておけば精度も上がり、より自分好みに使えると思います。

論文用途に一元化されたブックマーク

いわゆる「あとで読む」アプリ(Pocketなど)に情報を集約していると、普段使いの情報もどんどん放り込んでしまう都合、求める情報を見つけ出すのが大変になったり、溜まった情報量に萎えがちです。

Researcherで論文特化型のブックマークスペースを作っておけば、再確認に抵抗を感じることが減ってくるように思います。継続こそが力なりなので、論文チェックの心理ハードルは少しでも下げておきたいところですね。

欠点

全てのジャーナルがカバーされている訳ではない

特にマイナージャーナルは検索によって出てこないことがたびたびあります。ただほとんどの主要ジャーナルはカバーされている印象ですので、普段使いには問題無いレベルだと思います。

既読エントリが排除されない

短期間に複数回チェックすると、同じ論文を何度も目にすることになります。また新着エントリが消えないので、少し前の論文まで遡るのは大変です。そういう点や見逃しなどが気になるなら、やはりFeedlyなどを併用しておくのが良いと思います。

動作が重い・少しバグがある

特にヒット件数が多い場合は、表示に時間が掛かる印象です。巧みなキーワードフィルタリングによって表示論文数を減らすことが快適に使うコツに思います。またアクセスタイミングによってはトラブルで表示されないバグがあるようなので、これは改善を期待します。

まとめ

いくつかイマイチな点も記したものの、総合的に見てかなりいい感じのアプリです。新着論文チェック機能のみに特化したうえで余計な機能を全てとっぱらい、シンプルな表示に徹底されています。まさに『新着論文チェックの新定番』といえるアプリで、情報爆発に追われ日々ストレスの溜まる研究者にとっても、大きな助けになるでしょう。

一方で、公開からまだ1年ぐらいでもあるので、安定性や表示速度などの面で行き届いてないところはありそうです。今後ともの改善を待ちましょう。ともあれ百聞は一見にしかず、登録自体はすぐ出来るので、一度試して見てはいかがでしょうか!?

関連動画

ケムステ関連記事

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 息に含まれた0.0001%の成分で健康診断
  2. ノーベル賞いろいろ
  3. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  4. 専門用語豊富なシソーラス付き辞書!JAICI Science D…
  5. 企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントと…
  6. 転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント
  7. 第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料R…
  8. U≡N結合、合成さる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スコット・ミラー Scott J. Miller
  2. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見
  3. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  4. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」
  5. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  6. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangement
  7. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  8. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  9. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  10. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

注目情報

注目情報

最新記事

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

ダイセルよりサステナブルな素材に関する開発成果と包括的連携が発表される

株式会社ダイセルは、環境にやさしい酢酸セルロースを当社独自の技術で加工した真球状微粒子を開発し、20…

市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜

第345回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院理学研究院 理論化学研究室(前田・高橋研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP