[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長

進行期の非扁平非小細胞肺癌に対し、標準的な化学療法にがん治療薬「bevacizumab」(商品名:Avastin)を併用することで、プラセボ群の中央値10.2カ月に対し、12.5カ月と有意に生存期間を延長することがわかった。



これは、bevacizumab の製造元であるGenentech社(米カリフォルニア州South San Francisco)の率いる研究グループが、878人の患者を対象に行ったプラセボ対照無作為化臨床試験の結果、明らかになったもの。同試験の詳細は、5月13日から行われる米国臨床癌学会(ASCO)で発表する予定だが、それに先駆けて同試験のスポンサーである米国立衛生研究所(NIH)が3月14日、結果の一部を公表した。(引用:nikkeibp)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得
  2. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  3. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  4. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  5. 神戸製鋼所が特殊合金粉末を開発 金属以外の多様な材料にも抗菌性付…
  6. Jエナジーと三菱化が鹿島製油所内に石化製品生産設備を700億円で…
  7. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  8. ピンポン玉で分子模型

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  2. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械
  3. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発
  4. 環歪みを細胞取り込みに活かす
  5. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation
  6. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst
  7. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  8. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  9. レスベラトロール /resveratrol
  10. 信じられない!驚愕の天然物たち

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP