[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. ハプロフィチンの全合成

    Total Synthesis of (+)-HaplophytineUeda, H.; Satoh, H.; Matsumoto, K.; Sugimoto, K.; Fukuyama, T.; Tokuyama, H. Angew.…

  2. カーボンナノリング合成に成功!

    Selective Synthesis of Cyccloparaphenylene…

  3. サリンを検出可能な有機化合物

    オウム真理教テロ事件で大々的に使われ、化学に対するイメージに大きな陰を落としてしまった神経ガス・サリ…

  4. リンダウ会議に行ってきた④

     リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meeting)の…

  5. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

    前回に引き続き、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel Laureate Meet…

  6. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】

  7. リンダウ会議に行ってきた③

  8. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】

  9. リンダウ会議に行ってきた②

  10. リンダウ会議に行ってきた①

  11. 光で形を変える結晶

  12. 化学は地球を救う!

  13. 混合試料から各化合物のスペクトルを得る(DOSY法)

  14. マルチディスプレイを活用していますか?

  15. 力を加えると変色するプラスチック

  16. ハウアミンAのラージスケール合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  2. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成
  3. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  4. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  5. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis
  6. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  7. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP