[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. アジリジンが拓く短工程有機合成

     先日、Andrei K. Yudin氏 (トロント大学教授)の講演を聴く機会がありました。彼はUCLAのOlah研でPh.D.取得後、スクリプス研究所のBarry Sharplessのもとでポスドクを行っています。その後トロント大学で…

  2. 研究室での英語【Part1】

       そろそろ率業シーズン。4月から研究留学される方も多いことでしょう。英語の得意な方はよいかもしれ…

  3. メリークリスマス☆

    ☆Merry Christmas☆皆さんクリスマスを楽しんでいますでしょうか?いや日本で…

  4. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加

    Organocatalytic Vinyl and Friedel-Crafts Alkylatio…

  5. 魔法のカイロ アラジン

     12月に入りすっかり肌寒くなりました。防寒具や暖房器具が欠かせない季節ですね。最近ネッ…

  6. α-トコフェロールの立体選択的合成

  7. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

  8. 元素占いはいかが?

  9. アザジラクチンの全合成

  10. 未来のノーベル化学賞候補者

  11. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』

  12. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

  13. 未来のノーベル化学賞候補者(2)

  14. 2007年度イグノーベル賞決定

  15. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

  16. 磁性流体アートの世界

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  2. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  3. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
  4. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する〜
  5. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  6. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!
  7. 一流科学者たちの経済的出自とその考察

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

PAGE TOP