[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 炭素ー炭素結合を切る触媒

    炭素-炭素結合生成反応は、有機化合物を "組み立てる" ために最重要たる反応であり、そのため古くから膨大な研究がなされてきています。最近では環境保護意識の高まりから、単に炭素をつなぐだけでは飽き足らず、アトムエコノミーの高さや、廃棄物の少な…

  2. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~

    日本では終息に向かっているインフルエンザ。とはいえ鳥インフルエンザは、今なお世界中で感染例が相次いで…

  3. 共役はなぜ起こる?

    tanukiのペンネームで有機化学現象に関する量子化学での研究結果をできるだけわかりやすい形で紹介さ…

  4. もっとも単純な触媒「プロリン」

    プロリン(proline)という化合物があります。タンパク質などを構成する 天然型α-アミノ…

  5. 本当の天然物はどれ?

    今回は天然物合成の分野から、なかなか複雑なケースが報告されていたため紹介します。なにが複雑かというと…

  6. ノルゾアンタミンの全合成

  7. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

  8. 生合成を模倣した有機合成

  9. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』

  10. ハメット則

  11. 有機の王冠

  12. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』

  13. 1,2-還元と1,4-還元

  14. 学会風景2001

  15. 香りの化学2

  16. 香りの化学1

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 三枝・伊藤酸化 Saegusa-Ito Oxidation
  2. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  3. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  4. ターボグリニャール試薬
  5. UCLA研究員死亡事故・その後
  6. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  7. JACSベータ

注目情報

最新記事

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

PAGE TOP