[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

    " A Predictably Selective Aliphatic C-H Oxidation Reaction for Complex Molecule Synthesis."Chen, M. S.; White, M. C.…

  2. 元素占いはいかが?

    最近ではケータイなどでも見られる軽めのコンテンツが沢山でき、一昔前と違ってネ…

  3. アザジラクチンの全合成

    Synthesis of Azadirachtin: A Long but Succes…

  4. 未来のノーベル化学賞候補者

    今年のノーベル化学賞はゲルハルト・エルトゥル氏に決定しました!(詳しくはケムステニュースにて)…

  5. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』

    ?スウェーデン王立科学アカデミーは10日、今年のノーベル化学賞を、独マックス・プランク財…

  6. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

  7. 未来のノーベル化学賞候補者(2)

  8. 2007年度イグノーベル賞決定

  9. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

  10. 磁性流体アートの世界

  11. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

  12. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

  13. タミフルの新規合成法・その3

  14. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

  15. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)

  16. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  2. 「ELEMENT GIRLS 元素周期 ~聴いて萌えちゃう化学の基本~」+その他
  3. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  4. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  5. エドマン分解 Edman Degradation
  6. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  7. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製

注目情報

最新記事

光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、…

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

PAGE TOP