[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファイザーがワイスを買収

[スポンサーリンク]

pfizerwyeth.gif

米製薬最大手のファイザーは26日(現地時間)、世界9位のワイスを買収すると発表した。買収総額は680億ドル(約6兆円)で、1株あたり50・19ドルの現金で実施する。ワイスが強みを持つバイオ医薬品、ワクチンを取り込むことで、さらなる世界的な成長機会が得られると判断した。2007年の売上高は、トップのファイザーが444億ドル(約3兆9600億円)、9位のワイスが約186億ドル(約1兆6500億円)で、今回の買収によって6兆円近い圧倒的な製薬企業が誕生することになる。  ワイスは、世界的な主力製品の関節リウマチ治療薬「エンブレル」、乳幼児向け肺炎球菌ワクチン「プレベナー」など、バイオ医薬品とワクチンに強みを持っており、開発パイプラインにもアルツハイマー病治療薬など有望な化合物が控えている。一方、ファイザーは高脂血症治療薬の大型新薬「リピトール」の特許切れを11年に控える中、後継品の「トルセトラビブ」が第III相試験で開発中止に追い込まれ、苦境に立たされていた(引用:薬事日報)。

?製薬業界の大ニュースです。またまたファイザーが買収に乗り出しました。相手は世界9位の製薬企業ワイス(Wyeth)。こんなに大きくなってどうするのでしょうか。


 Pfizerは2007年の世界製薬業界2位のサノフィ・アベンティス(フランス)と売上高が4000円億円ほどの差しかありませんでしたが、これで売上高だけでみるとアベンティスの1.5倍ほどになります。これがどのくらい大きいかというと、世界的に有名な製薬企業メルクの約2.8倍、日本で売上高トップの武田薬品工業の約5倍、エーザイの10倍、協和発酵の50倍の大きさになります。とてつもないですね。

 医薬品も売上高第一位のリピトール(アトルバスタチン)に始め、ノルバスク(ベシル酸アムロジピン)、アリセプト(エーザイの薬をファイザーが世界では販売)、セレブレックス、バイアグラに加えて、ワイスのエンブレル、エフェクサー、プレベナー等のトップドラッグを多数抱えることになります。ただし、ファイザー自体は、最近人員削減を行ったように、新製品開発がうまくいかず、バイアグラから自社製品が排出できていないという危機感に包まれています。実はリピトールも元々はファイザー本体の薬ではなくて、開発した会社をそのまま買収した結果、ファイザーの薬となったわけです。
 というわけで、前途多難ですが、それよりも苦しいのは日本の製薬企業かもしれません。ただし何度もいいますが、規模だけで解決できたら、GMに代表して、マイクロソフト、トヨタ、ソニーなどのビック企業は一生衰退しないことになり、大きくなればなるほど動きが取りにくいのは事実です。どうなるのでしょうか。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  2. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  3. 独BASF、米樹脂メーカーのジョンソンポリマー社を買収
  4. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  5. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  6. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功…
  7. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売…
  8. ALSの新薬「ラジカット」試してます

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  2. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める
  3. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  4. 細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~
  5. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成
  6. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟
  7. π拡張ジベンゾ[a,f]ペンタレン類の合成と物性
  8. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活
  9. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直される
  10. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~

第266回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院薬学研究科 中林研究室 修士二年生の杉村 俊紀(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP