[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファイザーがワイスを買収

[スポンサーリンク]

pfizerwyeth.gif

米製薬最大手のファイザーは26日(現地時間)、世界9位のワイスを買収すると発表した。買収総額は680億ドル(約6兆円)で、1株あたり50・19ドルの現金で実施する。ワイスが強みを持つバイオ医薬品、ワクチンを取り込むことで、さらなる世界的な成長機会が得られると判断した。2007年の売上高は、トップのファイザーが444億ドル(約3兆9600億円)、9位のワイスが約186億ドル(約1兆6500億円)で、今回の買収によって6兆円近い圧倒的な製薬企業が誕生することになる。  ワイスは、世界的な主力製品の関節リウマチ治療薬「エンブレル」、乳幼児向け肺炎球菌ワクチン「プレベナー」など、バイオ医薬品とワクチンに強みを持っており、開発パイプラインにもアルツハイマー病治療薬など有望な化合物が控えている。一方、ファイザーは高脂血症治療薬の大型新薬「リピトール」の特許切れを11年に控える中、後継品の「トルセトラビブ」が第III相試験で開発中止に追い込まれ、苦境に立たされていた(引用:薬事日報)。

?製薬業界の大ニュースです。またまたファイザーが買収に乗り出しました。相手は世界9位の製薬企業ワイス(Wyeth)。こんなに大きくなってどうするのでしょうか。


 Pfizerは2007年の世界製薬業界2位のサノフィ・アベンティス(フランス)と売上高が4000円億円ほどの差しかありませんでしたが、これで売上高だけでみるとアベンティスの1.5倍ほどになります。これがどのくらい大きいかというと、世界的に有名な製薬企業メルクの約2.8倍、日本で売上高トップの武田薬品工業の約5倍、エーザイの10倍、協和発酵の50倍の大きさになります。とてつもないですね。

 医薬品も売上高第一位のリピトール(アトルバスタチン)に始め、ノルバスク(ベシル酸アムロジピン)、アリセプト(エーザイの薬をファイザーが世界では販売)、セレブレックス、バイアグラに加えて、ワイスのエンブレル、エフェクサー、プレベナー等のトップドラッグを多数抱えることになります。ただし、ファイザー自体は、最近人員削減を行ったように、新製品開発がうまくいかず、バイアグラから自社製品が排出できていないという危機感に包まれています。実はリピトールも元々はファイザー本体の薬ではなくて、開発した会社をそのまま買収した結果、ファイザーの薬となったわけです。
 というわけで、前途多難ですが、それよりも苦しいのは日本の製薬企業かもしれません。ただし何度もいいますが、規模だけで解決できたら、GMに代表して、マイクロソフト、トヨタ、ソニーなどのビック企業は一生衰退しないことになり、大きくなればなるほど動きが取りにくいのは事実です。どうなるのでしょうか。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解
  2. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Bl…
  3. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  4. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  5. アルツハイマー薬で副作用死
  6. 2007年10大化学ニュース
  7. 2010年10大化学ニュース
  8. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. X線分析の基礎知識【X線の性質編】
  2. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  3. #おうち時間を充実させるオンライン講義紹介 ーナノテクー
  4. HTTPS化とサーバー移転
  5. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  6. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  7. 細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子」を温度計に~
  8. 個性あるTOC
  9. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで
  10. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP