[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファイザーがワイスを買収

pfizerwyeth.gif

米製薬最大手のファイザーは26日(現地時間)、世界9位のワイスを買収すると発表した。買収総額は680億ドル(約6兆円)で、1株あたり50・19ドルの現金で実施する。ワイスが強みを持つバイオ医薬品、ワクチンを取り込むことで、さらなる世界的な成長機会が得られると判断した。2007年の売上高は、トップのファイザーが444億ドル(約3兆9600億円)、9位のワイスが約186億ドル(約1兆6500億円)で、今回の買収によって6兆円近い圧倒的な製薬企業が誕生することになる。  ワイスは、世界的な主力製品の関節リウマチ治療薬「エンブレル」、乳幼児向け肺炎球菌ワクチン「プレベナー」など、バイオ医薬品とワクチンに強みを持っており、開発パイプラインにもアルツハイマー病治療薬など有望な化合物が控えている。一方、ファイザーは高脂血症治療薬の大型新薬「リピトール」の特許切れを11年に控える中、後継品の「トルセトラビブ」が第III相試験で開発中止に追い込まれ、苦境に立たされていた(引用:薬事日報)。

?製薬業界の大ニュースです。またまたファイザーが買収に乗り出しました。相手は世界9位の製薬企業ワイス(Wyeth)。こんなに大きくなってどうするのでしょうか。


 Pfizerは2007年の世界製薬業界2位のサノフィ・アベンティス(フランス)と売上高が4000円億円ほどの差しかありませんでしたが、これで売上高だけでみるとアベンティスの1.5倍ほどになります。これがどのくらい大きいかというと、世界的に有名な製薬企業メルクの約2.8倍、日本で売上高トップの武田薬品工業の約5倍、エーザイの10倍、協和発酵の50倍の大きさになります。とてつもないですね。

 医薬品も売上高第一位のリピトール(アトルバスタチン)に始め、ノルバスク(ベシル酸アムロジピン)、アリセプト(エーザイの薬をファイザーが世界では販売)、セレブレックス、バイアグラに加えて、ワイスのエンブレル、エフェクサー、プレベナー等のトップドラッグを多数抱えることになります。ただし、ファイザー自体は、最近人員削減を行ったように、新製品開発がうまくいかず、バイアグラから自社製品が排出できていないという危機感に包まれています。実はリピトールも元々はファイザー本体の薬ではなくて、開発した会社をそのまま買収した結果、ファイザーの薬となったわけです。
 というわけで、前途多難ですが、それよりも苦しいのは日本の製薬企業かもしれません。ただし何度もいいますが、規模だけで解決できたら、GMに代表して、マイクロソフト、トヨタ、ソニーなどのビック企業は一生衰退しないことになり、大きくなればなるほど動きが取りにくいのは事実です。どうなるのでしょうか。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  2. 第35回構造有機化学討論会
  3. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  4. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  5. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  6. 経営統合のJXTGホールディングスが始動
  7. 第15回光学活性シンポジウム
  8. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門
  2. 重いキノン
  3. 分子構造を 3D で観察しよう (1)
  4. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  5. 化学者たちのエッセイ集【Part1】
  6. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~
  7. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  8. レッドブルから微量のコカインが検出される
  9. 井上 将行 Masayuki Inoue
  10. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP