[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファイザーがワイスを買収

pfizerwyeth.gif

米製薬最大手のファイザーは26日(現地時間)、世界9位のワイスを買収すると発表した。買収総額は680億ドル(約6兆円)で、1株あたり50・19ドルの現金で実施する。ワイスが強みを持つバイオ医薬品、ワクチンを取り込むことで、さらなる世界的な成長機会が得られると判断した。2007年の売上高は、トップのファイザーが444億ドル(約3兆9600億円)、9位のワイスが約186億ドル(約1兆6500億円)で、今回の買収によって6兆円近い圧倒的な製薬企業が誕生することになる。  ワイスは、世界的な主力製品の関節リウマチ治療薬「エンブレル」、乳幼児向け肺炎球菌ワクチン「プレベナー」など、バイオ医薬品とワクチンに強みを持っており、開発パイプラインにもアルツハイマー病治療薬など有望な化合物が控えている。一方、ファイザーは高脂血症治療薬の大型新薬「リピトール」の特許切れを11年に控える中、後継品の「トルセトラビブ」が第III相試験で開発中止に追い込まれ、苦境に立たされていた(引用:薬事日報)。

?製薬業界の大ニュースです。またまたファイザーが買収に乗り出しました。相手は世界9位の製薬企業ワイス(Wyeth)。こんなに大きくなってどうするのでしょうか。


 Pfizerは2007年の世界製薬業界2位のサノフィ・アベンティス(フランス)と売上高が4000円億円ほどの差しかありませんでしたが、これで売上高だけでみるとアベンティスの1.5倍ほどになります。これがどのくらい大きいかというと、世界的に有名な製薬企業メルクの約2.8倍、日本で売上高トップの武田薬品工業の約5倍、エーザイの10倍、協和発酵の50倍の大きさになります。とてつもないですね。

 医薬品も売上高第一位のリピトール(アトルバスタチン)に始め、ノルバスク(ベシル酸アムロジピン)、アリセプト(エーザイの薬をファイザーが世界では販売)、セレブレックス、バイアグラに加えて、ワイスのエンブレル、エフェクサー、プレベナー等のトップドラッグを多数抱えることになります。ただし、ファイザー自体は、最近人員削減を行ったように、新製品開発がうまくいかず、バイアグラから自社製品が排出できていないという危機感に包まれています。実はリピトールも元々はファイザー本体の薬ではなくて、開発した会社をそのまま買収した結果、ファイザーの薬となったわけです。
 というわけで、前途多難ですが、それよりも苦しいのは日本の製薬企業かもしれません。ただし何度もいいますが、規模だけで解決できたら、GMに代表して、マイクロソフト、トヨタ、ソニーなどのビック企業は一生衰退しないことになり、大きくなればなるほど動きが取りにくいのは事実です。どうなるのでしょうか。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本化学会第86春季年会(2006)
  2. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  3. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  4. iPadで使えるChemDrawが発売開始
  5. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを…
  6. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  7. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック
  8. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  2. 三菱化学:子会社と持ち株会社設立 敵対的買収を防ぐ狙い
  3. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  4. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. 多重薬理 Polypharmacology
  6. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  7. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  8. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  9. 試験管内選択法(SELEX法) / Systematic Evolution of Ligands by Exponential Enrichment
  10. 水素結合の発見者は誰?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP