[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファイザーがワイスを買収

pfizerwyeth.gif

米製薬最大手のファイザーは26日(現地時間)、世界9位のワイスを買収すると発表した。買収総額は680億ドル(約6兆円)で、1株あたり50・19ドルの現金で実施する。ワイスが強みを持つバイオ医薬品、ワクチンを取り込むことで、さらなる世界的な成長機会が得られると判断した。2007年の売上高は、トップのファイザーが444億ドル(約3兆9600億円)、9位のワイスが約186億ドル(約1兆6500億円)で、今回の買収によって6兆円近い圧倒的な製薬企業が誕生することになる。  ワイスは、世界的な主力製品の関節リウマチ治療薬「エンブレル」、乳幼児向け肺炎球菌ワクチン「プレベナー」など、バイオ医薬品とワクチンに強みを持っており、開発パイプラインにもアルツハイマー病治療薬など有望な化合物が控えている。一方、ファイザーは高脂血症治療薬の大型新薬「リピトール」の特許切れを11年に控える中、後継品の「トルセトラビブ」が第III相試験で開発中止に追い込まれ、苦境に立たされていた(引用:薬事日報)。

?製薬業界の大ニュースです。またまたファイザーが買収に乗り出しました。相手は世界9位の製薬企業ワイス(Wyeth)。こんなに大きくなってどうするのでしょうか。


 Pfizerは2007年の世界製薬業界2位のサノフィ・アベンティス(フランス)と売上高が4000円億円ほどの差しかありませんでしたが、これで売上高だけでみるとアベンティスの1.5倍ほどになります。これがどのくらい大きいかというと、世界的に有名な製薬企業メルクの約2.8倍、日本で売上高トップの武田薬品工業の約5倍、エーザイの10倍、協和発酵の50倍の大きさになります。とてつもないですね。

 医薬品も売上高第一位のリピトール(アトルバスタチン)に始め、ノルバスク(ベシル酸アムロジピン)、アリセプト(エーザイの薬をファイザーが世界では販売)、セレブレックス、バイアグラに加えて、ワイスのエンブレル、エフェクサー、プレベナー等のトップドラッグを多数抱えることになります。ただし、ファイザー自体は、最近人員削減を行ったように、新製品開発がうまくいかず、バイアグラから自社製品が排出できていないという危機感に包まれています。実はリピトールも元々はファイザー本体の薬ではなくて、開発した会社をそのまま買収した結果、ファイザーの薬となったわけです。
 というわけで、前途多難ですが、それよりも苦しいのは日本の製薬企業かもしれません。ただし何度もいいますが、規模だけで解決できたら、GMに代表して、マイクロソフト、トヨタ、ソニーなどのビック企業は一生衰退しないことになり、大きくなればなるほど動きが取りにくいのは事実です。どうなるのでしょうか。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  2. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジ…
  3. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…
  4. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  5. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場
  6. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  7. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  8. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表
  2. 研究者/研究力
  3. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  4. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement
  5. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  6. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  7. 君はPHOZONを知っているか?
  8. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  9. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  10. 2009年8月人気化学書籍ランキング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP