[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

レーン 超分子化学

 

内容

過去25年にわたって進展を遂げてきた超分子化学について、特定の例に裏づけされた体系的な考え方のもとに、その概念や発展の方向を述べる。

対象

超分子化学を学ぶ全ての人。

解説・評価

ノーベル賞化学者・ジャン=マリー・レーンの手による、超分子化学の体系的啓蒙・解説書

1995年刊行の”Supramolecular Chemistry:Concepts and Perspective”の邦訳である本書は、20年が経とうとしている現在の化学的知識を背景に読んでみても、まったく色あせて見えないという驚くべき内容の書物である。まれに見る格調の高さと、哲学的な深みを備える濃厚な内容となっている。

レーン自身の持つ卓抜した先見性・そして超分子化学の持つ一般原理とその魅力・思想体系に触れることのできる良書といえる。 まさに「超分子化学のバイブル」と呼ぶべき書物。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Heterocyclic Chemistry
  2. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  3. 「えれめんトランプ2.0」が発売された
  4. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるた…
  5. 高分子の合成(上)(下)
  6. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  7. Molecules That Changed the World…
  8. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 香月 勗 Tsutomu Katsuki
  2. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)
  3. DOIって何?
  4. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  5. 宮沢賢治の元素図鑑
  6. ペンタレネン Pentalenene
  7. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  8. コルチスタチン /Cortistatin
  9. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  10. M.G.フィン M. G. Finn

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP