[スポンサーリンク]

ケムステニュース

光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発

光を当てるとプラスチックのベルトが伸縮して車輪を回す。そんな世界初のモーターを東京工業大資源化学研究所(横浜市緑区)の池田富樹教授(高分子化学)と山田宗紀研究員らが開発した。ドイツ化学会誌に十九日までに発表した。光のエネルギーを電気に変えて利用する太陽電池とは違い、光を動力に直接変えるため、太陽エネルギーを効率よく利用する未来の動力源として期待できそうだ。(引用:東京新聞)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  2. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり
  3. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  4. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  5. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  6. 2009年10大化学ニュース
  7. 大阪・池田 リチウム電池の実験中に爆発事故
  8. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  2. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  3. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  4. ポール・ウェンダー Paul A. Wender
  5. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation
  6. 各ジャーナル誌、続々とリニューアル!
  7. 茨城の女子高生が快挙!
  8. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリデン]ジメチルアンモニウムテトラフルオロボラート:[(Oxido)phenyl(trifluoromethyl)-lambda4-sulfanylidene]dimethylammonium Tetrafluoroborate
  9. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis
  10. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP