[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

     ジョージ・マクレランド・ホワイトサイズ(George McClelland Whitesides, 1939年8月3日-)はアメリカの化学者である。米国ハーバード大学教授(写真:wikipedia)手がける研究領域は目がくらむほど幅広…

  2. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber

    スチュアート・L・シュライバー (Stuart L. Schreiber, 1956年2月6日-)は…

  3. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach

    ディーター・ゼーバッハ(Dieter Seebach, 1937年8月31日-)はスイスの有機化学者…

  4. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward

    ロバート・バーンズ・ウッドワード(Robert Burns Woodward, 1917年4月10日…

  5. バリー・トロスト Barry M. Trost

    バリー・M・トロスト(Barry M. Trost, 1941年6月13日(米国、フィラデルフィア)…

  6. 鈴木 章 Akira Suzuki

  7. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield

  8. ジョージ・オラー George Andrew Olah

  9. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

  10. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

  11. 山本 尚 Hisashi Yamamoto

  12. 玉尾皓平 Kohei Tamao

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  2. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  3. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  4. アブノーマルNHC
  5. ケミカルジェネティクス chemical genetics
  6. 小林 洋一 Yoichi Kobayashi
  7. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP