[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース有機化学

  1. 薗頭 健吉 Kenkichi Sonogashira

    薗頭 健吉(そのがしら けんきち、1931年10月- 鹿児島県生まれ)は、日本の化学者である。大阪市立大学工学部名誉教授。 (さらに…)…

  2. 山本明夫 Akio Yamamoto

    山本明夫(1930年3月18日-2017年7月9日 東京生まれ)は、日本の有機化学者である。東京工業…

  3. 高知和夫 J. K. Kochi

     Jay Kazuo Kochi (日本名:高知和夫 1927年5月17日-2008年8月9日 米国…

  4. 櫻井英樹 Hideki Sakurai

    櫻井英樹(さくらい ひでき, 1931年5月16日-(奈良県))は日本の有機化学者。…

  5. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama

    檜山爲次郎 (ひやま ためじろう、1946年8月24日 -)は、日本の有機化学者である。京都大学…

  6. 宮浦憲夫 Norio Miyaura

  7. 野崎 一 Hitoshi Nozaki

  8. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet

  9. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa

  10. ギルバート・ストーク Gilbert Stork

  11. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu

  12. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

  13. リチャード・ヘック Richard F. Heck

  14. ジョン・スティル John K. Stille

  15. 熊田 誠 Makoto Kumada

  16. 根岸 英一 Eiichi Negishi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 過ぎ去りし器具への鎮魂歌
  2. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  3. 【書籍】女性が科学の扉を開くとき:偏見と差別に対峙した六〇年 NSF(米国国立科学財団)長官を務めた科学者が語る
  4. 新人化学者の失敗ランキング
  5. 【4月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスとは~基礎技術(構造、反応性)の紹介~
  6. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで
  7. ヨアヒム・フランク Joachim Frank

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

PAGE TOP