[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本化学会第86春季年会(2006)

日大

日本化学会第86春季年会(2006)

主催:日本化学会

日時:平成18年3月27日(月)~30日(木)

場所:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)

内容:毎年開催される日本化学会の年会です。去年は神奈川大学でしたが、今年は千葉の日本大学で開催されます。各種シンポジウム、学会、進歩賞などの講演に加え、多くの講演、発表が行われます。

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  2. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  3. 日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任
  4. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  5. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖
  6. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  7. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  8. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノー…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ACD/ChemSketch Freeware 12.0
  2. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  3. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demercuration
  4. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  5. 第38回有機金属若手の会
  6. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxidation
  7. ジャスティン・デュボア Justin du Bois
  8. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  9. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  10. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP