[スポンサーリンク]

ケムステニュース

日本化学会第86春季年会(2006)

[スポンサーリンク]

日大

日本化学会第86春季年会(2006)

主催:日本化学会

日時:平成18年3月27日(月)~30日(木)

場所:日本大学理工学部船橋キャンパス(千葉県船橋市習志野台)

内容:毎年開催される日本化学会の年会です。去年は神奈川大学でしたが、今年は千葉の日本大学で開催されます。各種シンポジウム、学会、進歩賞などの講演に加え、多くの講演、発表が行われます。

?

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表
  2. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  3. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺…
  4. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  5. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  6. 森林総合研究所、広葉樹害虫ヒメボクトウの性フェロモン化学構造を解…
  7. オルト−トルイジンと発がんの関係
  8. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学系人材の、より良い将来選択のために
  2. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  3. ナノスケールの虹が世界を変える
  4. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化
  5. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction (MCR)
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)
  7. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授
  8. English for Writing Research Papers
  9. コープ転位 Cope Rearrangement
  10. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP