[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ

 信越化学工業は19日、塩化ビニル樹脂の販売価格を値上げすると発表した。値上げ幅は1キロあたり15円で、6月1日納入分から値上げする。基礎原料のナフサの価格が上昇し、企業努力だけ ではコスト上昇分を吸収できないため値上げするとしている。値上げは昨年7月以来、約1年ぶり(引用:時事ドットコム)。

 どうやら昨年この時期のナフサの予想価格が50,000円/kLであったのに対して(実際は48,000円/kLであった。)今年の予想は56,000/kLと6,000円も高騰していることが原因らしいです。もちろん塩ビだけでなく、酢酸エチルや酢酸ビニルなどナフサを原料とする基礎石化製品の高騰はさけれそうもありません。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 情報守る“秘密の紙”開発
  2. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  3. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  4. 富士写、化学材料を事業化
  5. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  6. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  7. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  8. iPadで使えるChemDrawが発売開始

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑨:トラックボールの巻
  3. 糖鎖合成化学は芸術か?
  4. なぜあなたの研究は進まないのか?
  5. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  6. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  7. 海外のインターンに参加してみよう
  8. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylation-dealkylation
  9. お”カネ”持ちな会社たち-1
  10. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP