[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ

 信越化学工業は19日、塩化ビニル樹脂の販売価格を値上げすると発表した。値上げ幅は1キロあたり15円で、6月1日納入分から値上げする。基礎原料のナフサの価格が上昇し、企業努力だけ ではコスト上昇分を吸収できないため値上げするとしている。値上げは昨年7月以来、約1年ぶり(引用:時事ドットコム)。

 どうやら昨年この時期のナフサの予想価格が50,000円/kLであったのに対して(実際は48,000円/kLであった。)今年の予想は56,000/kLと6,000円も高騰していることが原因らしいです。もちろん塩ビだけでなく、酢酸エチルや酢酸ビニルなどナフサを原料とする基礎石化製品の高騰はさけれそうもありません。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  2. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  3. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで
  4. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  5. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  6. LG化学がグローバルイノベーションコンテストを開催へ
  7. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  8. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  2. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  3. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  4. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  5. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  6. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  7. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  8. サリドマイド、がん治療薬に
  9. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  10. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

PAGE TOP