[スポンサーリンク]

ケムステニュース

信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ

 信越化学工業は19日、塩化ビニル樹脂の販売価格を値上げすると発表した。値上げ幅は1キロあたり15円で、6月1日納入分から値上げする。基礎原料のナフサの価格が上昇し、企業努力だけ ではコスト上昇分を吸収できないため値上げするとしている。値上げは昨年7月以来、約1年ぶり(引用:時事ドットコム)。

 どうやら昨年この時期のナフサの予想価格が50,000円/kLであったのに対して(実際は48,000円/kLであった。)今年の予想は56,000/kLと6,000円も高騰していることが原因らしいです。もちろん塩ビだけでなく、酢酸エチルや酢酸ビニルなどナフサを原料とする基礎石化製品の高騰はさけれそうもありません。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  2. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  3. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  4. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  5. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  6. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  7. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  8. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)
  3. 生体共役反応 Bioconjugation
  4. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  5. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  6. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  7. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  8. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた
  9. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  10. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP