[スポンサーリンク]

ケムステニュース

5社とも増収 経常利益は過去最高

化学大手5社の04年9月中間連結決算が17日、出そろった。石油化学製品の主原料になるナフサ(粗製ガソリン)価格が高騰した中、製品値上げと販売数量増によって5社とも増収を確保し、経常利益はそろって過去最高になった。

 中間期のナフサ価格は1キロリットル当たり約3万円で推移し、前年同期より約5000円高かった。ただ、樹脂や基礎化学品など製品の需要は国内、アジアとも堅調で、情報電子関連製品などの出荷増によって各社とも収益を伸ばした。(引用:毎日新聞

 

需要により経常利益があがったことはよろこばしいことですが、原油やその他材料の高騰がこれからどうきいてくるのかが、心配です。こんなときこそあらたなエネルギー源の開発が望まれます。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 天然の日焼け止め?
  2. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  3. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  4. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  5. 医薬品の黄金世代到来?
  6. エーザイ、医療用の処方を基にした去たん剤
  7. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-
  8. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  2. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  3. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  4. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  5. ダウ・ケミカル化学プラントで爆発死亡事故(米・マサチューセッツ)
  6. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  7. デンドリマー / dendrimer
  8. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammonium)
  9. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発
  10. 科研費の審査員を経験して

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP