[スポンサーリンク]

ケムステニュース

原油高騰 日本企業直撃の恐れ

[スポンサーリンク]

原油価格高騰への懸念が再び頭をもたげてきた。米国産WTI原油の先物価格が昨夏に記録した1バレル=70ドルの水準をうかがうなか、日本の輸入原油の9割を占める中東産の価格も急伸。基準銘柄のドバイ原油は、1バレル=63ドル台と昨夏を上回りほぼ史上最高値の水準だ。化学メーカーなど素材業界は価格転嫁を徐々に進めてきたが、運輸など転嫁しきれない業界も多く、市場の先行きに神経をとがらせる。(引用:朝日新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  2. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  3. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  4. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  5. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  6. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  7. 2015年化学10大ニュース
  8. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター
  2. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  3. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  4. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation
  5. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【終了】
  6. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  7. パーコウ反応 Perkow Reaction
  8. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar Cells
  9. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles
  10. 「架橋ナノゲル」を応用したがんワクチンDDS

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

化学実験系YouTuber

一度見始めると、仕事に手がつかなかくなるYouTubeですが、教育的に有意義な動画もたくさん投稿され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP