[スポンサーリンク]

ケムステニュース

原油高騰 日本企業直撃の恐れ

原油価格高騰への懸念が再び頭をもたげてきた。米国産WTI原油の先物価格が昨夏に記録した1バレル=70ドルの水準をうかがうなか、日本の輸入原油の9割を占める中東産の価格も急伸。基準銘柄のドバイ原油は、1バレル=63ドル台と昨夏を上回りほぼ史上最高値の水準だ。化学メーカーなど素材業界は価格転嫁を徐々に進めてきたが、運輸など転嫁しきれない業界も多く、市場の先行きに神経をとがらせる。(引用:朝日新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  2. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  3. アレルギー治療に有望物質 受容体を標的に、京都大
  4. ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働き…
  5. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  6. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  7. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  8. 化学企業のグローバル・トップ50が発表

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授
  2. 低分子化合物の新しい合成法 コンビナトリアル生合成 生合成遺伝子の利用法 Total Synthesis vs Total Biosynthesis
  3. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  4. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion of Metal Carbenoid
  5. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tris(triphenylphosphine)rhodium(I) Chloride
  6. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurization
  7. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  8. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  9. カール・ジェラッシ Carl Djerassi
  10. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP