[スポンサーリンク]

ケムステニュース

原油高騰 日本企業直撃の恐れ

原油価格高騰への懸念が再び頭をもたげてきた。米国産WTI原油の先物価格が昨夏に記録した1バレル=70ドルの水準をうかがうなか、日本の輸入原油の9割を占める中東産の価格も急伸。基準銘柄のドバイ原油は、1バレル=63ドル台と昨夏を上回りほぼ史上最高値の水準だ。化学メーカーなど素材業界は価格転嫁を徐々に進めてきたが、運輸など転嫁しきれない業界も多く、市場の先行きに神経をとがらせる。(引用:朝日新聞)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  2. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  3. 第38回有機金属若手の会
  4. 100円で買えるカーボンナノチューブ
  5. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  6. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  7. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  8. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポットエコノミー Pot Economy
  2. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Synthesis
  3. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  4. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  5. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~
  6. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  7. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する
  8. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  9. トビン・マークス Tobin J. Marks
  10. 酵素の真実!?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP